サボテンとバントライン

2009.11.08.Sun.21:04
田中理恵さんの舞台はこれで2回目ですね。
出演:要潤/今野浩喜/田中理恵

実は2回ほど見ていますが、内容は千秋楽が終わってからにしようと日記には書かないでいました。
青山円形劇場は初めてだったのですが、中央にステージがあり、それを囲むように本当に円形に座席が配置されていました。
座席によって見える光景が違うので2回ほど参加しましたが新鮮な気持ちで観ることができました♪

筋肉少女帯サボテンとバントラインを元に考えた脚本ということで爆弾やら色々出てきます。
最終的に映画館を吹き飛ばすなどそのイメージがあります。
ただ、脚本としては些かムチャがあるように感じました(^-^;

ですが、とても面白い内容の舞台になっていましたヾ(≧▽≦)ノ

多分ですが、脚本を書いた人は大槻ケンヂさんのことがかなり好きなんじゃないですかね?
登場人物がどこか大槻ケンヂさんの小説に出てくるキャラクターを思わせる感じがしました。

「エロ本捨ててあったら誰かが死んだと思え!」
とか、かなり笑えましたw
確かに自殺したあとの部屋にエロ本が残されるとか考えたくないな(ノ∀`)

理恵さんの制服姿にスーツ姿など舞台ならではの衣装も見れましたから☆
本職が声優なので声の演技はレベルが高いですね。
他の出演者に引けを取らないぐらいいいキャラクターを演じていたと思います(* v v)。

コメディアンの今野さんは胡散臭い演技が逆にキャラとマッチしていたのでハマり役でしたw

さんは仮面ライダーアギトのイメージが強かったですが役者として本当に素晴らしい演技をする人だなぁと思いました。

そんな感じで十分に楽しめる内容でした☆
DVDとかになるのかな?
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する