第21回池袋演劇祭参加作品 ラビット番長 第7回公演 「K君の日記」

2009.09.14.Mon.00:34
オーケストラの次は舞台です。

あらすじとしては、一流企業の研修室と呼ばれる施設に送り込まれた人達の葛藤などを描いた芝居でした。
そう、その施設の目的が社員を退職に追い込むというね。

テーマは人間らしさなのかな?
実際にありそうな話であんまり他人事ではないかも。
ただ、ところどころにコミカルな要素があって、観客を飽きさせない工夫がよくされていました。
でも、私が思うにこれだけ人を引きつけるテーマならコミカルな要素はなくても十分によかったんじゃないかなと思いました。

やっぱり、舞台は2公演ぐらい見た方がいいなと再認識させられましたよ……。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
管理人の承認後に表示されます