TAMAフェスティヴァル・コンサート

2009.09.13.Sun.23:54
"オーケストラで歌うオペラ名曲&グロリア・ミサ"

そんなわけでオーケストラに行ってきました。
さすがに多摩センターは遠かったな……。

第一部 プッチーニ《グロリア・ミサ》
キリエ
グロリア
クレド
サンクトゥス・ベネディクトゥス
アニュス・デイ

第二部 オペラ・ガラ
乾杯の歌(椿姫)
行け、我が想い!黄金の翼に乗って(ナブッコ)
いとしのフェルナンド(ラ・ファヴォリータ)
女心の歌(リゴレット)
憐れみも、誉も、愛も(マクベス)
不思議だわ!~あぁ、そは彼の人か~花より花へ(椿姫)
序曲(カルメン)
ハバネラ(カルメン)
闘牛士の歌(カルメン)

実際にはアンコールもあったのでもう少し長いですね(汗)
本当に久しぶりのオーケストラは圧巻でした。
やっぱり、音を直に感じることが出来るので普段から参加しているライブとは一味も二味も違います。
一部は合唱とヴァイオリンの織り成すハーモニーが何とも言えませんでした。
ヴァイオリンは人の声にもっとも近い楽器と呼ばれるだけあって、合唱との相性は素晴らしいとしか言いようがなかった……。

途中に入るフルートの間奏がとても印象的でした(* v v)。

二部はオペラということでソプラノ、テノールと言った歌が圧巻でした。
たった一人でオーケストラに負けない声を張り上げるのはもう凄いとしか言えない。
個人的に注目したのはハープです。
普段からライブでハープの音を聞いているので違いがよくわかりました……。
オーケストラのハープはサイズも大きく音も良く響いていました。
ハープが奏でられた時には背筋に走るものがありました。

椿姫も素晴らしかったのですが、やはり、知っている曲の多いカルメンの方が印象に残りました。
やっぱり、オーケストラ、クラシックはとてもいい音楽です。
機会があれば今年中にもう1回ぐらいは参加したいな……。

ホント、多摩センターまで行った甲斐がありましたよ(^-^;

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する