CHAOS-X Vol.1

2009.08.07.Fri.00:54
最近は風邪を引いてブログの更新をサボってました(汗)
仕事が変わった影響で今回のライブも途中参加です。

Rose Noireに間に合ったからよかったけどね?
今回はトリだったので最後に。

さて、途中から参加したので見れたのは後半だけでした。

さんはパフォーマンスはそこそこだったけど、歌がもうちょっとかなと思った。
最後の曲が一番よかったかな?

未来式春宵歌謡「0」和服に身を包んだ二人組みなのですが、音楽はテクノ系というある意味でかなりインパクトのあるユニットでした。
ヴォーカルもよく声が出ていてこれといって悪いところはないのだけど、なんかしっくり来ない……。
多分、私がテクノ系の音楽を好まないせいかも?

もっとも、ラストの方で決定的な理由に気がつきました。
転換の時のMCが微妙……。
あと、流れが悪い。
イベントのタイトルがカオスというだけあって、色々なコンセプトのバンドが一同したからというのもあるんじゃないかな?
個々の演奏はいいのだけど、全体の流れとしてはちょっとグダグダなのかな……。

さて、トリ前はLOMIさんです。
お客の煽り方とか面白かったw
けど、俺を最前に引きずり出すにはちょっち力不足かな。

そして、トリはRose Noire
Jillさんのヴァイオリンは相変わらず激しく美しい音色でした(* v v)。
円舞曲を踊るように舞ながらヴァイオリンを弾く姿は素晴らしいとしか言葉が出ません……。
新曲もいつものように激しくステキな曲でした。

今夜のライブは比較的に激しい曲が多く、Jillさんのパフォーマンスが目立っているように感じました。

Rose Noireのライブに通うようになってからエレクトリック・ヴァイオリンの限界を感じることがあります。
確かに音が反響しにくいライブハウスでは通常のヴァイオリンより音を出しやすいのかもしれない。
その反面、音質を妥協してしまっているように感じます。
Jillさんのテクニックが凄いから余計に勿体無い……。

いつか、本物のヴァイオリンでRose Noireを聞いてみたいです。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する