いいものだけがここにある Vol.12 -音創-Acoustic event

2009.07.07.Tue.01:40
遅刻しての参加になりましたが良いライブに参加できました。
最初から参加できなかったことが悔やまれます……。

出演:ULYSSES/-MOTHER-/水鏡/DAISUKE/oyo-ne culture/山本彩香

DAISUKEさんを観るのはこれで3回目になりますが、すごく好きだ♪
アコースティックなのに演奏がロックっぽくて熱い!!
聖闘士星矢ペガサス幻想を歌いだした時は本当に楽しかったですヾ(≧▽≦)ノ
これで歌が上手いから本当に困るwww
最後の曲にロリと萌え……じゃなくてlonely to my wayは色々な意味で神曲でした。
これだけ上手いからネタに走らなくてもいいのに(苦笑)
あっ、ロリと萌えは買って聞いてますが最高ですwww

そんな状況でバトンを渡された水鏡はヴォーカルとアコースティックギターによる正統派なアコースティックのバンドで流れを元に戻しました。
幕が上がる前から歌いだしたあの演出がよかった。
その演出を生かせるだけのヴォーカルのさん。
このレベルのヴォーカリストに出会ったのは何人目だろう……。
自分の中で片手に入るぐらいに衝撃を受けました。
最後の曲ではマイクを使わずにライブハウスに声が響き渡りました。
……これだけのことが出来たのは2人目です。
ライブが終わってからアンケートを渡して少し話ができました。
握手までしてくれてとてもいい人でした☆
でも、これだけの歌が歌えるならこれからも聞いてみたいかも……。
水鏡(みかがみ)、よく覚えておきます。

そして、ULYSSESです。
アコースティックですが、ベースのさといさんがサポートに入っていました。
ヴァイオリンとアコースティックギターはこの形式のライブでは圧倒的な安定感があります。
ヴァイオリンがヴァイオリンらしい音を奏でていました。

あいのうたを久しぶりに聞きました。
タンバリンのリズムに手拍子を合わせやすくアコースティックには向いているかもです。
続いての夢、まほらはアコースティックとは思えない迫力がありました。
カゲオクリではヴォーカルのYukiさんが素晴らしかった。
前回もこの会場でアコースティックライブをした時もYukiさんの成長を感じましたがさらにレベルアップしたように思います。
ハープとコーラスを勤めるMioさんのコーラスも以前より綺麗に響いていました(* v v)。

しかし、残念なことが一つありました。
エフェクターのせいかハープの音色が少し違う。
甲高いとでも表現すればいいのか他の楽器と音色が違います……。
音がよく聞こえるようになった代償とでも言えばいいのか、いつもハープの音をよく聞いていた自分には違和感が強かったですね……。

最後の曲は冷たい手
ハープの音色が少し良くなりました。
パーカッションのAzusaさんのシンバルがすごくいい音を出してました。
何よりYukiさんのヴォーカルが素晴らしかった。
冷たい手をラストに持ってくるのはある意味で反則です……。

トリは-MOTHER-です。
最後を飾るのに相応しいバンドでした。
この人がいるからこそ、こんな素晴らしいバンドが集まったんだと再認識させられました。
トークにちょっと身内ネタが多い気がしましたが、集まった人はほとんど身内みたいなものですから(^-^;
カバーを歌ったりもしましたが、やはり……。
この曲は何度聞いても本当にいい……名曲とはこういう曲を言うんだろう。
今日のライブでしばらく活動を休止するのは惜しいですが、復活する時にはまたライブに駆けつけようと思います☆

平日の月曜からライブだったわけですが、少し元気になりました♪
最近は仕事が始まったとはいえ、先は色々と不安なのでけっこう落ち込んでたりすることが多いので。
良いライブに参加すると気分も良くなります。
これからも期待していいんですよね?
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する