華麗にあかるく ヴァイオリン SHOW!!

2009.03.14.Sat.02:42
みねりちゃんのコンサートへ行ってきました。
ラ・フォルテというお店はイタリアンのレストランなのですが、地下にホールがあって演奏を楽しみながら食事も楽しめるお店でした。
ホール自体もあまり広くなく、20~30人しか席がないようでした。
おかげでスピーカーなどを通さずに楽器本来の音を楽しめるアットホームないいコンサートになりました。

出演:前田みねり(ヴァイオリン) /谷塚裕美(ピアノ)

ピアノの谷塚さんは学生時代からの仲だそうで、安心して演奏に集中できたようです。
みねりちゃんの師匠にあたる人が演奏会でトークをするようになったので、みねりちゃんも負けないようにトークをするそうです。
内容は……やっぱり、天然に見えます(笑)
実際は人前で話すのが苦手でおどおどしすぎなだけですね。

いつものサポートとは違い、今日はメインなので思う存分にヴァイオリンを演奏してくれました。
第1ステージは花柄のドレスに身を包み、映画に使われている曲なども多くクラシックを知らない人でも十分に楽しめる演奏でした。
アグレッシブな演奏になると激しく弓を振るう前に大きく呼吸をするのが彼女の癖(?)のようです。
そういった息遣いまで聞こえるコンサートは滅多にないかと。

第2ステージはグリーンの大人の雰囲気が溢れるドレスに着替えて登場です。
谷塚さんは両ステージとも黒のドレスでシックに決めていました。
第2ステージの方が印象に残る曲が多かったです。
シューベルトアヴェ・マリアカーペンターズYesterday Once More、そして……。
最後はバッジーニ妖精の踊りモンティチャールダッシュです。

妖精の踊りを演奏する前に
「あんなのは一回で弾ける方が少ないんです」
とハードルを頑張って下げていました(苦笑)
演奏が始まると今まで見たことのないみねりちゃんがそこに居ました。
弓が踊るように動き、弦を押さえる指はしなやかに、激しく動く。
弦を指で弾くと弓を引きまさに超絶技巧の押収でした。
チャールダッシュも激しい箇所は確かにあるのですが、妖精の踊りほどではないですね。

アンコールはエルダー愛の挨拶です。
みねりちゃんの中で決めたことがあるそうで、この曲はこれからも弾いていくと宣言していました。

終わってみればすっかりヴァイオリンとピアノに魅了されていました。
とても癒されるコンサートで満足でした。
色々なヴァイオリニストの演奏を聞いたことがありますが、みねりちゃんの演奏がとても好きです。
もちろん、彼女の実力があるからこそです。

近いところでまたコンサートがあるそうなので、次回も頑張って参加しましょうか♪
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する