カラミティナイト-オルタナティブ- 1巻

2009.01.22.Thu.01:14
やっと、読み終わりました……。
カラミティナイト-オルタナティブ-をね。
発売日に買っていたのですが、仕事が忙しくて読む時間が確保できなかった(_ _|||)

高瀬彼方先生がこのペースで本を出すなんて奇跡としか思えませんよ?
2巻も来月に発売するようなあとがきがありましたが……信じてよいのでしょうか(゚_。)?

カラミティナイト-オルタナティブ- (GA文庫 た 6-1)カラミティナイト-オルタナティブ- (GA文庫 た 6-1)
(2009/01/15)
高瀬 彼方

商品詳細を見る


さて……色々と言いたいことがあるわけですが、かなりのネタバレと原型となったカラミティナイトの話も出るので覚悟のある人だけ、続きをどうぞ。


表紙が変わっただけでここまで雰囲気が変わるものなんですね……。
少女系のライトノベルかと思いましたよ。

で、本当にを女性にしてしまった。
それも金髪の外人に……。
名前をホリィ・ブローニング
つまり、をモデルにしていたランスロットも当然、女性になると( ゚д゚)
……美由紀をどう扱うつもりなんだろう(-_-;)
それとも、2巻以降の流れはカラミティナイトの3巻にならないのだろうか?

でも、書き直したことで、リアルタイムなネタが投入されてるのはよかったですね。
刹那・F・セイエイの名前を見た時は吹いたw
元々のカラミティナイトは2000年の作品なので確かにオリジナルのままで復刊は厳しかったかもしれない。
でも、出来ることなら3巻の続きが読みたかったな……。

新しい作品として考えればカラミティナイト-オルタナティブ-はこれはこれで良い作品になってくれることを期待しましょうか。
とりあえず、2巻を見てからだ。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する