CLUB GAIN Presents 玉虫色ーミツドモエの奏でーVol.1

2009.01.20.Tue.01:44
今年最初のライブです。
ULYSSESに誘われて行って来ました☆

出演:ノエ/ULYSSES/セル

ノエは某所で見たことがあって、セルは初めて見るバンドでした。
ULYSSESも静かな曲調なので今日は大人しくしている予定でした……。
そう、予定でした。
セッションで盛り上がってしまい、最後には……そんなライブの話です。


1番手はセルでした。
初めて聞いたので勝手がわからなくて静かにしてましたが、後半には楽しい曲が控えていましたね。
序盤に1曲ぐらいそんな感じの曲を入れてくれたらもうちょっと頑張れたのになぁと……。
やっぱり、打ち込みなのが少し寂しかったですね。
ヴォーカルのイト-さんはステージを所狭しと動きながら楽しく歌っていましたね。
もうちょっと頑張るお客さんがたくさんいたら自分も加わっていたと思います(苦笑)

2番手はノエです。
去年に聞いたことがあったわけですが、バンドとしての完成度が上がっていました。
相変わらず、ヴォーカルのノエさんは凄まじいな……。
あれだけの声量のあるインパクトが強いヴォーカルは早々いないですよ。
ちょっと気になったのはギターの社さん。
……前よりヘタになったように見えるのは気のせいか?
ビートの激しい曲は問題ないんですが、スローテンポの曲になるとちょっと違和感があるように感じます。
禁じられた遊びでギターを弾いてる時より微妙に見えました。
周りのメンバーのレベルが高いからかもしれませんけどね。

最後はULYSSESです。
無論、ハープの前に行きますが何か?

何度聞いてもこのバンドは凄いや……。
1曲目でハープを両手で演奏するシーンがありました。
圧巻ですよ……映画か何かのワンシーンで見たことはありますが、目の前で見て、その音を聞ける日がくるとはね。
今日はあいのうたでハープではなく、鉄琴を演奏していました。
コーラス、ハープに鉄琴とマルチな人だなぁと感心しました☆

この7人で演奏するのは最後になるそうですが、ドラム、ヴァイオリン、ハープの3人が正式にULYSSESに加入することになったそうです!
これは、私も本気になれというフラグでしょうか?
でも、ULYSSESの音楽は本気で良いと思うので当然と言えば当然かもしれない。

最後にメンバー全員でそれぞれのバンドの曲をメドレー形式で演奏しました。
この辺りから静かにしてるつもりがテンションが上がってきました。
ラストにスピッツ空も飛べるはずをステージが一体になって歌うのでファンも一体になってました(笑)

もし、Vol.2があるならもうちょっと本気でやろうと思います(^-^;
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する