乙女企画クロジ☆第7回公演 僕の愛した冒険 千秋楽

2008.12.29.Mon.00:28
無事に千秋楽を迎えました☆
とても面白い舞台で今年観劇した作品では1位か2位に入るのでは?

出演:藤波瞬平/若林直美/市来光弘/武藤啓太/木村はるか/波多野和俊/福圓美里/松崎亜希子

クロジの公演は何度も見ていますが、本当に面白い。
それも回を重ねるごとにパワーアップしています。


今回は一人暮らしの汚い部屋がセットでどんな冒険があるのかと思っていました。
何にもやる気のない一人の青年がとある女性を通して、自分を変えるために旅に出ることになった。
簡単に説明してしまえばこうですね。
でも、その出会った女性も主婦として閉じ込められた生活から外の世界へ旅に出た。
そして、外の世界へ出てよかったと青年と話、最後には自分も旅に出て終わりです。

面白かったシーンをちょっとだけ思い出してみます。

幕が上がると直ちゃんがPSPで多分、モンハンをやってましたw
そして、ダメ男な藤波さんの登場です。
素晴らしいダメ男ぶりでした(笑)
直ちゃんに告白するもあっさり断られて終了~。
洗濯物を取り込もうとカーテンを開くとベランダに福圓さんが登場と。
ここからしばらく二人で暮らす話になります。

姉役の松崎さんとそのダンナ役、市来さんが登場して、母親の世話をさせようとやってくるわけですが、当然拒否しますw
公平な方法ということでジャンケンで決めようという話になり、松崎さんが負けますw
すると「二人で一人」だといって、次は市来さんが勝負して負け、今度はババ抜き松崎さんが提案して、「お母さんがババみたいだからやめよう」と促されてしまいます(^-^;
そこへ、福圓さんが帰ってくると彼女と勘違いされ二人はそのまま帰ることになります。

二人きりになると福圓さんが出かけようと話すのですが、面倒臭いで済まされてしまいます。
そこで、室内でテーブルを船に例えて福圓さんが「乗って」藤波さんをまくし立てて、冒険が始まります。
ここは面白かったw
目指してる島の名前がキャバクラ島だったり(ノ∀`)
で、どっちかが息絶えたらこのゲームが終わると話が決まると藤波さんが「サメに襲われた~死ぬ~」と終わらせようとします。
福圓さんが物を投げました。
「槍、サメ死んだ」
次は「ピラニアの大群だ~」と聞こえれば福圓さんはみかんの皮を千切っては投げ、「ピラニア死んだ」と返します。
そんな遊びをしていると直ちゃんが戻ってきて、二人のことを誤解して怒って帰ってしまいます。

ここから福圓さんのダンナ役、波多野さんが連れ戻しにやlってくるのですが、ドロボウと撃退され、電話をするとストーカー扱いされ、バイトの同僚役の武藤さんと木村さんに電話で散々なことを言われます。
武藤さんはどう見てもチンピラにしか見えませんよwww

ラストはストーカーにされた波多野さんを他のメンバーで撃退しようとするのですが、オモチャのバットやおたまを武器にしたり、倒れた松崎さんは回復アイテム代わりにお菓子のカールを口に詰め込まれていましたw
しかも、量が多いのか吹き出してた(爆)
そんなこんなで最後は福圓さんはダンナさんのところへ帰ることになります。
藤波さんの泣き崩れる演技とかよかったですね。
忘れ物をしたと戻ってきた福圓さんと話して、やる気のないダメ男だった青年の中で何かが変わるわけです。

最後は直ちゃんが起こしにきて、藤波さんは旅に出ることを告げます。
そして、戻ってきたら今度こそ付き合って欲しいと。
見送った直ちゃんが部屋の片付けをするシーンで終わりです。


これは2回見にいったわけですが、それだけの価値がある素晴らしい舞台でした。
最終日の物販はパンフレット以外は全て売れてしまっていましたね。
あのTシャツとかかなり良かったからなぁ~。
クロジの次回公演は来年の10月になるそうです。
期待をしてその日を待つとしましょう。

そして、これが今年最後のイベントになります。
112か……思えば色々無茶してきたな(_ _|||)

そんなわけで、残り少ないですが、あとは今年を振り返る日記を書こうと思います。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する