池澤春菜Birthday Live “今平糖夜(Confetti Night)”

2008.12.08.Mon.01:47
お茶会を終えていよいよ、池澤春菜さんのライブ本番です。
ステージ衣装も本当に綺麗でしたねぇ~。
ブログにアップとかしてくれないかな?

Confettiに収録されている曲は全て歌われました。
カバーが昼間と違うのと、chocolat~ショコラ~から歩いていこうが追加されたものがセットリストになります。
月のワルツは初めて聞いたのですが、これは本当にいい曲でした(* v v)。
春菜さんから感動する話もあってとても素晴らしいライブになりました。
少し早いですが、誕生日もお祝いできてよかったですO(≧∇≦)O
ということで、ライブの話ですね。


春菜さんの衣装は肩を出したチェックのフリフリの感じの衣装でした。
スタイルが日本人じゃないですよね……。
全体的に女性らしい丸みがあるのにウエストがかなり細い。
あのスタイルなら日本のSサイズというのは入らなくても仕方がないのかも?

さて、夜のライブは園崎さんが最初からいません。
Dolce VitaJe te veuxが終わってからすぐにカバーになりました。
魔法のスターマジカルエミより不思議色ハピネス
そして、みんなのうたより月のワルツ

これは春菜さんが歌いたくて仕方ない曲でも仕方ない。
思わず動画を持ってきました。
カバーのラストを飾るのはAdèsso e Fortrna ~炎と永遠~ロードス島戦記ですよ。
これは懐かしい……名曲ですね(* v v)。

ここで休憩時間になってケーキが配給されました☆
春菜さんは食べないで待っててと言っていましたが、何人かは食べ終わってました(笑)
お色直しも終わって白いドレス姿の春菜さんが帰ってきました。
ケーキが持ち込まれてみんなでハッピーバースデイです。
園崎さんが何事もなかったかのようにステージに上がっていましたね(笑)
今日の衣装は色違いで藤みさきさんとお揃いでした。

ここからはConfettiの曲が一気に続きます。
一番気に入っている恋咎~コイトガ~が聞けたのは嬉しかったです(///∇//)
畑亜貴さんの詩を見事に生かした曲を作った粕谷隊長は素晴らしいセンスの持ち主だと思います。
そして、そのイメージをピッタリに歌う春菜さん……。
至福の時でした(* v v)。

この恋咎~コイトガ~ですが、春菜さんの中ストーリーがあるそうです。
YARNのイメージの少女が色々な経験をして、恋咎~コイトガ~へ……最後に真昼の月に行き着くそうです。
この真昼の月を歌い終わる頃には春菜さんは涙ぐんでいました……。
きっと歌詞にある「ありがとう」で色々な気持ちが溢れてきたんでしょうね。

そして、アルバムの最後の曲、夕映え色のHeavenです。
ここで最後の仕掛け、紙吹雪が舞いましたヾ(≧▽≦)ノ
ちょっとだけトラブルがあったけど、結果的にこれが良い結果に繋がったかと。
で、ライブは終わりです。

もっとも、ここからアンコールですけど(笑)

アンコールでクリスマスソングを歌おうとした春菜さんにサプライズが……最初は気付かずに普通に歌おうとしてましたね☆

本日の出演者から花束のプレゼントです!
そして、藤みさきさんが静かに口を開き……声優になったのは春菜さんに憧れていたという話がありました。
本当にいい場面でした……。

最後はクリスマスの曲を歌ってライブは終わりました。
やっぱり、昔から好きだった人のイベントは感慨深いものがあります。
一日中、吉祥寺ですごしたわけですが、いい一日でした(* v v)。

ちょっと早いけど……
「ハッピーバースデイ、池澤春菜さん」
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する