NAGE LIBRE ステージ1

2008.05.22.Thu.03:06
このブログを見ている知り合いはどうもありきたりなゲームの記事では退屈なそうです。
そこで修羅の門を越えるインパクトのあるゲームを探しているとこのゲームを思い出しました。

NAGE LIBRE ~静寂の水深~

私の知る限りスーパーファミコン最強のギャルゲーではないでしょうか?
ジャンルとしてはシミュレーションなのでスパロボファイヤーエンブレムを思い浮かべてもらうと理解が早いです。

しかし、このゲームには恐るべきシステムが存在するのです。
まぁ、それは順を追って説明しましょう。




わけもわからないまま霧島唯は戦うことになってしまいます。
そう、一見すると(どう見ても)学校ですがここは異世界という設定です。

ゲームシステムはメーターがいっぱいになったキャラから行動をするタイプです。

ということで戦闘をしてみましょう。

覚悟はよろしいでしょうか?


Σ(゚Д゚)敵が水着です……。
さすが1995年、スーパーファミコンも終焉が近付いている時代だけあってもう何でもありなオーラが出ています。

さて、バトルシステムですがカードを選択して攻防をおこないます。
COSというカードがあるのがわかりますか?
これが恐るべきシステムです。

COSとはコスチュームの略で好きな服に着替えることができます。
着替えるメリットはステータスの変動があります。
例えば、水着は攻撃力が上がって防御力が下がりますが、コートは逆に攻撃力が下がり防御力が上がるといった感じです。


ある意味で斬新すぎて笑いすらこみ上げてきますw
いや、時代が早すぎたというべきでしょうか?
もしも現在に発売されていればもっと話題になった可能性を感じずにはいられません(-_-)
私がスーパーファミコン最強のギャルゲーと呼んだ理由がわかってもらえたのではないでしょうか?

では、ともみを倒してさっくりとステージ1をクリアしましょう。
このゲームはレベルの概念はありますが、ステージをクリアしない限りレベルが上がらない仕様なので基本的に突っ込むだけで何とかなります。



クリアすると葵嶺子が仲間になり、レベルが2に上がります。

ステージクリア後は会話イベントが始まります。


いやぁ、スーパーファミコンでこのグラフィックは頑張っていると思いますよ?
13年前のゲームであることを考えれば十分に美しいグラフィックです♪

当然ですが次のステージに入る前にセーブなどをする画面がありますね。

えぇ~と……非情に気になるワードが表示されています。

『部活選択?』


選択してみた。




一般生徒バスケ部が選べるようです。
ステータスにも若干の影響がありそうですが、体感ではほとんど大差がないように感じます。
きっと趣味でいいんじゃないですか?

ここまで見てもらったわけですが、まだステージ1です。
突っ込みどころが満載すぎてこれでもかなり制限した方です……。

もしかしたら、修羅の門を越えるボリュームになったりして……。
まぁ、反響がよかったら続けてみますかね?

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する