やっぱ、畑さんは面白いや

2007.08.16.Thu.00:56
今日は畑亜貴さんの率いる月比古のワンマンライブでした。
大体、50~60人といったところですかね。

らき☆すたもってけ!セーラーふく涼宮ハルヒハレ晴レユカイで有名になってきたと思ったんですがね……。
やっぱ、作詞だけじゃ知名度が上がらないのでしょうか?
まぁ、音楽の雰囲気が全然違いますからね。
通称、破滅系さんの本人も「ゴスロリは私服です」と言い切るぐらいだし。
ALI PROJECTとか好きならオススメできますけどね。

さて、ライブの話にしましょうか。

月比古~唄鵺奇譚 その伍

開場が時間通りでしたが開演が微妙に遅れました……。
バンドのメンバーがステージに上がると最後にさんの登場です。
今日の衣装は浴衣とロリータを組み合わせた不思議な感じでした。
帯の部分がコルセットのようなデザインになっているのでロリータ風なのですが浴衣です。
コレの名称を知っている人がいれば是非とも教えてもらいたいですね。
(調べてもわからなかったのは秘密)

ステージの中央に来るとしゃがみこんで何やら拾っています。

『オノだ……斧ですよ斧!』
思わず笑ってしまいましたよ……。
そのまま2曲ほど歌いトークの時間になりました。
まず、遅れた理由なのですが、「ノーパンの話が気になって……」
いきなりこんな話ですよ。
相変わらず、ギリギリなトークが展開されます。
これだからさんのライブは面白いんですよね。
話終えてから業界の関係者はいないですよねと会場を見回しているぐらいでしたから。

いよいと、斧の話です。
前からずっと欲しかったそうでついに買ってしまったそうです。
斧を抱きしめて刃の部分を見つめながら「可愛い~」と本当に笑わせて頂きました。
演奏を間違ったメンバーから斧の餌食にするとステージ上で斧を振って遊んでいました……。

その後、歌に戻り何曲か歌うと一部のメンバーが舞台裏に戻り、ヴォーカル、ヴァイオリン、キーボードの死蝋月比古のお披露目になりました。
鏡の名前雨月物語異端で悲嘆の娘達、とさんの曲を聞けたのがやっぱりいいですね。

再び、フルメンバーに戻って演奏をするとさんはお色直しのため後ろに戻ってしまいます。
戻ってきたらいつものゴスロリですよ。
そのまま死霊の館のマンボ風などラストスパートで4曲ほど歌って終了……のわけがない。

そう、世界なんて終わりなさいを聞かないとライブが終わった気がしません。
缶ビール片手にステージに戻って世界なんて終わりなさいを歌って本当に終了です。

やっぱり、フルメンバーだと迫力が違います。
ヴァイオリンにしてもかなりアグレッシブであそこまでの激しい演奏ができるんだと知りました。

最近はダウンの気持ちだったのでさんの曲を聞いて落ちるとこまで落ちた感じです。
本当に世界なんて終わりなさいって気分ですよ……。
はぁ、悩みが解決するのはいつになることやらね。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する