ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド レポートその1

2007.05.05.Sat.01:39
先月の奈々誰の後に友人に拉致されこのゲームをクリアするまで監禁されてました……。
おかげでブログの更新もできないは寝てない変なテンションでクタクタです。

さて、そんな最中でもせっかくプレイしたゲームなのでレポートにしてみましょう。

jojo31.jpg


さて、ストーリーに関しては言うことはありません。
原作通りなのでマンガの方を読んでください。
間違っても映画のファントムブラッドを見ないようにしてください。
映画は物語をカットしすぎてて続編を作る気がゼロです。

ジャンルが波紋疾走アクションとなっていますが、ジョナサンは最初から波紋が使えるわけではありません。
つまり、序盤はただのアクションゲームです。
ボタン連打して組み合わせでコンボになるよくある3Dのアクションゲームです。

最初はいじめっことの戦いですが原作通りに勝ってもボコボコにされます……。
そして、いよいよディオ様が登場です。
jojo30.jpg


この後にボクシング対決をするわけですが、異様に強いディオ様に敗北しました……。
多分、一度クリアした今なら余裕で勝てますが操作方法を確認しながらのプレイでは足元にも及びませんでした……。

ここからは名シーンを一気にご覧ください。

jojo29.jpgjojo28.jpg

「ズギュウウウン」と手下達のあのセリフが見事に再現されてます。
その後は……。
jojo27.jpgjojo26.jpg

ジョナサンにぶっとばされて「この阿保ぁーー!」と叫ぶディオ様。
実に楽しませてくれます。
ちなみにここでディオ様との戦闘がありますが、ボクシングの時ほどディフェンスが硬くないので力押しで勝てます。

時は流れて7年後に舞台は移り、毒を盛ろうとするディオ様といきなり戦闘です。
ジョナサンが成長しているので以前より楽に戦えるはずです。
その後は毒を調べるために喰屍鬼街スピードワゴンと戦うのですが、そこで恐ろしいものに出会いました……。
jojo25.jpg

『ゴメン、東洋の神秘が面白すぎ……』

一方その頃、我らのディオ様は石仮面によるジョナサン殺害計画の真っ最中です。
jojo24.jpg

マンガでは気になりませんでしたがカラーになると面白すぎ……。
こんなギャグマンガみたいなノリでいいのか?

ここからも名シーンのオンパレードです。

jojo23.jpgjojo22.jpgjojo21.jpg

追い詰められてついに人間をやめてしまいました。

jojo20.jpg

「UREEYYY」
人間をやめると「UREEYYY」と叫べるようになるみたいです。
つーか、読み仮名をふってるとこに笑わずにはいわれませんでした……。
この後の戦闘は厄介なもので、屋上から突き落として燃えてる時に攻撃しろなどストレスが溜まる一方です。
ここまでプレイして1時間は軽く越えていますがいまだにただのアクションゲームです。
いい加減に疲れました……。

ディオ様を片付けるといよいよツェペリさんの登場で波紋の修行が始まります。
jojo19.jpg

素晴らしい……ここまで原作に忠実だと製作者にジョジョへの愛を感じます。
もっとも、この後に原作に忠実であるが為に恐ろしい地獄を見ることになるとは思ってもいませんでした……。
それはもう少し先のお話です。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する