FC2ブログ

Rituel de sorcière Re: ライブ構成編

2018.06.06.Wed.01:01
多分、この話をするのは初めてな気がする。
6/3のライブがどうしてああいう順番なのかネタバレなお話。
もしかするとライブを主催しようとする人の参考にはなるかもしれない。

Rituel de sorcière Re: 立ち上げ編はこちら。
http://blogcalamity.blog62.fc2.com/blog-entry-1575.html

自分のライブは1つ前提があって、イベントを通してみて一番面白くなるにはどう並べるのか。
よく集客が大きい人を後ろに持っていくイベントがありますが、そんなことよりイベント全体が面白い方が重要です。
なので、集客力は度外視で組んでいたりします。

ライブの出演者を整理してみましょう。

雨情華月 / MISHAORU / wonderfuloop / VALKIRIA / Queen of Wand
MC:永恵由彩


今回のライブは雨情さんをトリにするのは最初から決めていました。
実力的には一番足りないかもしれない、それでも彼女にトリを任せると。
ライブが決まったのが11月、あと半年あったので成長してくれると信じてもいました。

少しでも雨情さんがライブをやりやすいように色々と考えるのですが、サイバーパンクのVALKIRIA、アンビエントでMCもなく世界を作り上げているwonderfuloop
この二組の後はプレッシャーが大きいかなと……。

そうなると一番経験もあるMISHAORUの二人でした。
民族系の音楽もそうですが、二人はMCで上手く雨情さんにバトンを託してくれると思ったので。
何より、出番の前に誰が出てきてもMISHAORUなら関係ないクオリティがあると信じていました。
……もっとも、MCのおかげで杞憂になるのですが、それは最後に。

4年振りのRituel de sorcière、当然ですがイベントを知らない人が多いことが予想されたので、1番手、TOPはこの日のライブをもっとも伝えられる音楽と雰囲気があるQueen of Wandが適任でした。
TOPは前座でもなくこの日の流れを決めてしまう一番重要なポジションと思ってます。
Queen of Wandが自分のライブで最多出場なので安心して任せられました。

ここが1番の悩みどころでVALKIRIAwonderfuloop、どちらを先に置こうかなと。
この2組を並べて出すのは最初から決めていました。
音楽性は全くの対極と呼べる2組にして、自分の中で3本の指に入るヴォーカルの2人。
8年前に実現できなかった対バンだったので。

Queen of Wandがわりと暖めてくる気がしたので、VALKIRIAを2番手にして、そのまま勢いを引っ張って、wonderfuloopで落ち着かせて、MISHAORUが良い感じに戻して、最後の雨情さんに繋げると。

そもそも出演者のライブには足を運んでいるのでどんなライブでどういう音楽なのかはよく理解しているつもりなのでこの並びが1番面白くなる気がしました。

そして、自分の中では各出演者にテーマがありました。

Queen of Wandはライブの場数が少ないのであえて1番手を経験してもらうことにしました。
普段は後半に出てくるので会場が暖まっていて、ゼロからでもやれるところが見てみたいなと。

VALKIRIAwonderfuloop、この2組は続けて観てみたかった。
もっとも付き合いが長くて自分の中でも最高峰にいる2人の歌い手。
本当に自分のワガママでしかないです……。

そして、MISHAORUならwonderfuloopの後でも流れを戻して、雨情さんを任せられる。

雨情さんにはそれらの出演者を乗り越えて欲しいという期待を込めて。

そんな感じで6/3は組んでみました。

最大の賭けはMCの永恵さん。
もう本当に賭けに出たとしか言えない……。
過去にMCをお願いした方々、雨情さんを含めて世界観を大切にしてこちらの意図を組んでくれる方でした。
正直、永恵さんを制御できないのは想定していたのでそれがプラスなのかマイナスなのかはギャンブル以外のナニモノでもない。
ただ、新しいことに挑戦してみるという意味ではやってみる価値はあると思った。
最強のジョーカーでしたね……。

覚えている人がどれぐらいいるかわかりませんが、この形式のライブは過去に3回やってたりします。
Le Cirque Fantastique
Lueur des Étoiles
Rituel de sorcière


去年の2月に普通のライブをやってみてわかったのは、お客さんはこういう作りこんだイベントの方が来てくれるという結果でした。
なのでMCはどうしても必要だったのと、わざと世界観を壊してみようと台本も永恵さん合わせて少しだけテイストを変えてみました。

その結果は……次の機会に。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する