11/7 舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」

2015.11.07.Sat.23:21
攻殻機動隊 ARISEは全部見ていたので興味本位もあって観てきました。
3D映像を使うので3Dメガネ着用という新しいタイプの舞台でした。

お話の内容としては基本は原作の通り。
ただ、演じる人が違うのでアニメのキャラと少し違った一面も……。

3Dによる演出、これは新しい!
水の中をや電脳空間、カーチェイスのシーンが舞台上で再現されていました。
ロジコマが吹っ飛んで行くシーンは3D映画のようで、光学迷彩による戦闘シーンまで舞台で演出していました。
もう何年かするとこういう舞台がスタンダードになるかもしれない。
けれども、東京芸術劇場の設備が流石と言うべきか、こういう施設を持った劇場が増えないと難しいだろうなぁ……。

これならアニメキャラと舞台で共演とか将来的にはできるようになったりするのかもしれない。
色々と面白い体験のできる舞台でした。
少し、未来が楽しみになってくるほどに。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する