澤和樹還暦記念ファンド・レイジング・コンサート

2015.01.04.Sun.23:31
今年最初のイベントはコンサートでした。
知り合いに誘われて東京藝術大学奏楽堂へ。

まず最初に奏楽堂というホールが綺麗で驚いた。
音も綺麗で聞きやすかったし、ステージも見やすかった。
葉加瀬太郎さんが「使わせてほしい」と言うだけのことはある
1曲目はステージがせり上がってくる仕掛けがあるとか並みのホールじゃないな……。

というわけでプログラムを。

■J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV.1001より「アダージョ」
 Violin:澤 和樹
■L.ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ
 Violin:澤 和樹 Piano:蓼沼恵美子
■B.バルトーク:2つのヴァイオリンのための44のデュオより
 Violins:澤 和樹・澤 亜樹
■L.v.ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 Op.130より「カヴァティーナ」
 澤クヮルテット
■J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043
 Violins:岡本誠司・澤 和樹
■Swingin’ Bach
 Violins:澤 和樹・葉加瀬太郎
■葉加瀬太郎:情熱大陸
 Violins:葉加瀬太郎・NAOTO・澤 和樹
■O.レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲


本当に綺麗なヴァイオリンのコンサートでした。
一番印象にあるのはやはり情熱大陸
葉加瀬太郎さんの演奏を初めて生で観ました。

この人は本物のエンターテイナーなんだろうな……。
ステージに居るだけで圧倒的な存在感があって、ただ弾くのではなくバックの演奏も盛り上げる。
見てるだけでも面白い!
弾き終わってラストの掛け声とか本当に熱くなる。

それにしても、葉加瀬太郎さんもNAOTOさんも問題児扱いされててちょっと面白かったw
素晴らしいコンサートに誘ってくれた知人に感謝を。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する