マザー4[大阪公演] 12/13 ソワレ

2014.12.14.Sun.18:30
そんなわけで、同じ演目の夜の部です。

マチネが終わってすぐということもあり、序盤から最後まで自然な演技で安定していました。
良く言えば完成度が高い。
悪く言うなら中日という感じでした。
全体的な完成度ではソワレの方が良かったけど、面白かったのはマチネ。
生の舞台を観ていたという感じが強かったので。

東京公演との違いを幾つか。

・OPの謎のダンスがなくなったこと。
これは良かったと思う。
あの演出には何の意味も感じられなかったから。

・細かいところで演出が違う
やりすぎて逆にくどい。
狙いすぎてて個人的にはマイナス。
90分が長く感じられるようになってしまったから。

・ラストシーン
一つ前の記事でラストシーンが違うと書いたのでその話を。
一応、東京でやったのは過去のブログにまとめてあるので興味があればそちらで。
http://blogcalamity.blog62.fc2.com/blog-entry-1351.html
ラストシーンは同じく未来人の語りで締めくくられるのですが、セリフの内容が違う。
母としての想い、これがかなり強い印象でした。
確かにマザー4というタイトル、母が4人として見ればこの終わり方の方が自然な気もする。
過去は何も変わらなかった。
でも、未来を、これからを生きるという意思を感じられるから。
この状況を作り出した本人が満足しているラストかなぁと思うので。

ただ、それは東京でのラストを知らないから。

個人的には指輪を強調したENDの方が好き。
柚木さんが捨てたハズの指輪を柚木さんからその子共へ。
そして、未来人である彼女の手に残っていた。
あそこに居た3人が精一杯生きたという証明だから。

まぁ、最終的には好みの問題ですかね。
作品自体はやはりよく出来ていたと思う。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する