12/6 witch RooR 1st 「ブランコ乗りのサン=テグジュペリ」

2014.12.07.Sun.15:00
出演: あきやまかおる / 川上千尋
音楽ゲストアーティスト: 月猫とリュート


12/6の13時の回に行ってきました。

内容としては朗読劇というのが正解でしょうか?
あきやまさんと川上さんによる語りと芝居。
そこに月猫とリュートの音楽、坂本さんの歌に久野さんのリュート。
全てが合わさって本当に素晴らしいイベントになっていました。

原作のブランコ乗りのサン=テグジュペリ
読んだことのない作品だったので逆に惹きこまれたのかもしれない。
おそらく、原作からキーになる部分を抜き出して90分にまとめていると思うのですが、それでも十分に内容が伝わってきました。
2回ほど涙腺の危機があったほどに。

ただ朗読をするのではなく、それは間違いなく演技をしていた。
あきやまさん演じたアンデルセン
このキャラが一番魅力的に思えた。
一言でいってしまえば悪女なのかもしれない。
でも、その芯には誇り高い気高さに強さ。最後に見せた優しさ……。
その全てが好きだと思った。

何より、歌姫としての歌声が素敵だった。
あきやまさんの歌声にあそこまで心が振るわされたのは初めてだった。
全身に走るものを感じたほどに。

今年に観た演劇の中では間違いなくTOPクラス。
これほど満足して、また観たいと思わされたのは久し振り。

witch RooR、次回のイベントが決まったら間違いなく行く。
それほど良い時間でした(* v v)。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する