はなとゆめ

2013.12.29.Sun.23:09
久し振りに本の話でも。

はなとゆめ (角川書店単行本)はなとゆめ (角川書店単行本)
(2013/11/08)
冲方 丁

商品詳細を見る


冲方丁さんの新刊です。
マルドゥック・スクランブル天地明察光圀伝など様々な作品を読んできましたが、そのどれとも違う雰囲気のする作品でした。

清少納言を主人公にした作品ということで女性的な文体に感じられました。
枕草子も出てくるのですが短歌、歌を詠むことも多く学生の頃に学んだ古典で読んだような感じがしました。
どのようにして枕草子が生まれたのか、宮中という世界がとてもイメージしやすいように描かれていました。
清少納言がどれほど中宮定子を大切に思っていたのか、最近の日本人にはあまり見られない姿がとても印象的です。
もしかすると女性の方がより強く共感できるのかも?

読むのに少し時間がかかってしまったのは自分の日本語を読む能力が落ちているのだろうという実感もありました。
学生の頃はもっとスラスラと読めたハズですが、古典のような言い回しに少々苦戦してしまいました(汗)

枕草子は全て読んだわけではないのでこれを機に全部読んでみようかなという気持ちになりました。
清少納言という人と成りをより深く理解できるかもしれない。

個人的に光圀伝は男性の方にオススメですが、はなとゆめは女性に薦めたい作品かな。

攻殻機動隊 ARISEの脚本というSFをやりつつ、こういった時代小説も書けるのは凄いな……本当に。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する