6/29 『ナマで祟られろ!』ツアー2013

2013.06.30.Sun.02:55
一年と半振りに死蝋月比古のライブでした。

出演:死蝋月比古
    Vocal:畑 亜貴
    Keyboard:森藤晶司
    Violin:岡田鉄平・武田圭司
    Chorus:CAO・和喜
   (Guest)
    Chorus:五十嵐“Angie.”久勝
    鳴り物:Koki → FUKU 福面 MEN_Green
    組太鼓:Kyo → FUKU 福面 MEN_Black
    津軽三味線:Hibiki → FUKU 福面 MEN_Red
    VJ: VJ.BM
   (Opening Act)
    stomach patrol.


知ってる人は知っているアニメの作詞で有名な畑亜貴さんのバンドが死蝋月比古です。

stomach patrol.は良くも悪くも変わらない。
でも、歌唱力は以前より上がってると思う。
新曲はちょっと電波ソングな気がしました。

元々ヴォーカル、ヴァイオリン、キーボードの三人だったのにコーラスが二人にヴァイオリンがもう1人。
更にゲストも加えて大所帯になっていました。

鉄平王子のヴァイオリンは相変わらず凄まじい……。
かなり難しそうなフレーズもつらっと表情を変えずに弾いていました。

森藤さんは譜面のミスが発覚してライブ後にお仕置きらしい……。
演奏は凄い人なのにすっかりお笑いキャラが定着してしまった(苦笑)

ツアーの話が面白かった。
畑亜貴と対バンということでアイドルのアニソンカバー系のイベントにブッキングされたらしい……。
お客さんはサイリュームやら光らせて臨戦態勢。
そこに出てきたのが鬱々とした死蝋月比古
最初はどうにかしようと頑張ってたそうですが、最後には泥人形のように何もできなくなったらしい(ノ∀`)
まぁ、そういうことできる音楽性じゃないよね。
アイドルイベントにさんをブッキングするのがそもそもの間違いなのに……。

純血鬼爛から始まり、アニメやゲームの曲微痛の楽園鏡の名前君の目の王国など、アルバム永遠無惨以外の曲も多々ありました。

メソポタミアの殺人天狼星窒素揺れてなどにゲストの和太鼓などを加えたアレンジも良かった。

個人的にはサクラノ星座に生で三味線が入ってたのが感動でした(* v v)。
最後は予期せぬ終わりという縁起がよろしくない曲で終わりました。
いつもなら世界なんて終わりなさいだから慣れてます♪

歌も音楽も……何より歌詞がとても好き。
15年ぐらい前からずっと聞いてきてるからでしょうね。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する