3/26 a pure song of acoustic heart

2012.03.27.Tue.00:56
随分と懐かしいイベントに参加してきました。

ソロになった綺音さんを聞きに。
開幕のMCは相変わらずお笑い要素が強くてちょっと頭が痛くなりました(苦笑)
そして、真っ白い衣装で着飾ってとても重い歌をピアノで弾き語り……。
音楽単体で考えれば流石は綺音さんなわけですが、見た目とのギャップが激しすぎる。
愛しすぎて相手を殺してしまった曲の次に命の大切さを歌われても展開が付いていけないよ(汗)

ユニットの頃の曲もあり、ピアノも相変わらずの腕前。
曲を単体で考えれば上々な仕上がりだと思うのですが、一つだけ。
雰囲気と展開ですね。
曲順や衣装をダーク系にすればもうちょっと素直に聞けたかななんて思いました。

水鏡を聞くのも本当に久しぶりです。
この一年でヴォーカルのさんは随分と変わったようでした。
サポートにチェロやキーボードが入ったことで音の幅も広がっていました。

でも、枯葉を歌っている時のさんは昔を思い出させてくれました。
色々と変わって行く中であの頃のさんが残っているのを聞けただけで十分でした。

今と昔、どっちが良いのかはわからないけど、あの頃より確実に成長しているようでした。
1年も間が空いているから余計にそう思ったのかもしれない。

今月のライブはこれで終わりです。
過去を振り返るいい機会でした。

こういうのも何かの縁かもしれないですね。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
随分と懐かしいイベントに参加してきました。ソロになった綺音さんを聞きに。開幕のMCは相変わらずお笑い要素が強くてちょっと頭が痛くなりました(苦笑)そして、真っ白い衣