みとせのりこ ~唱歌と冬の音~

2011.12.16.Fri.02:36
久しぶりの公園通りクラシックスのライブでした。

出演:みとせのりこ(vo.)/太田光宏(g.)/木村林太郎(celt.hp.)/鶴田萌子(p.f.)

たくさん弔われてきたのでもう満足です(* v v)。
まずはセットリスト。

第一部
小さい秋みつけた
Winter,fire and show
Walking in the air
サンメリーダの子守唄
銀色の道
朧月夜
珠ノ舟
三日月の舟
宵待ち草
アヴェマリア
黒猫のタンゴ
Centifolia


頑張って弔われていきましょ~
と、みとせさんのコールから始まりました。

第二部
月の沙漠
モルダウ
雪のおどり
とおりゃんせ
トロイカ
メリーさんの羊~アルプス一万尺
冬の柩~黒き王に捧ぐ


唱歌と冬の音というテーマ通りの選曲でした。
人死にソングの女王という異名に恥じない素晴らしいライブでした。
……褒め言葉ですよ?

前半の第一部はハープ→ギター→ピアノと楽器を交代しながら、二部は全員揃っての編成でした。
どの曲も本当に綺麗でとても素敵な音でした。

前半はサンメリーダの子守唄で震えが止まらなかった。
ハープの木村さんとのコーラスが何とも……。

そして、アヴェマリア
幼少の頃に聖歌隊に入っていたというみとせさんには慣れ親しんだ曲かもしれない。
日本語の方を聞くのは実は初めてだったので聞き入ってました。

二部はモルダウが印象的でした。
こういう曲が聞けるとは思っていなかったので予想外でしたが逆にとても楽しめました。

そして、最後の冬の柩
冬の曲を集めたコンピレーションアルバムに収録されていた曲でもしかしてと期待していました。
好きな曲でこの季節になると今でも聞いてしまいます。
本当に弔われてきました(* v v)。

アンコールはきよしこの夜ジングルベル
そして、夢路より

2011年も終わりにとても素晴らしいライブに参加できました。
来年もすぐにみとせさんのライブが決まっていることがとても嬉しいと思いました。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する