前田みねりヴァイオリンリサイタル DANCE! DANCE! DANCE!

2011.02.06.Sun.02:03
久しぶりに音楽を楽しんできました。
前田みねりさんのヴァイオリンリサイタルでした。
ヴァイオリンの音色をたくさん楽しんできました☆

以下。セットリストです。

バルトーク:ルーマニアンダンス
フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調
ALWAYS三丁目の夕日より
サラサーテ:サパテアード
チャイコフスキー:こんぺいとうの踊り、花のワルツ
バーンスタイン:ウエストサイドストーリー組曲
バッツィーニ:妖精の踊り
ヴュータン:アメリカの思い出~ヤンキードゥードゥルによるブレスク風変奏曲~

アンコール:ニューシネマパラダイス


ヴァイオリンソナタ イ長調、結婚式のために贈られた曲だそうです。
第1楽章、恋の予感。
第2楽章、すれ違い。
第3楽章、憂鬱。
第4楽章、結婚式(結婚式回想)

それぞれの楽章でみねりさんの表情から音色まで、その楽章に合わせた気持ちが込められているのが伝わってきました。
特にすれ違い、激しく怒りにも似た強い音色でした。
表情からもそれがよく伝わってきました。
最後の第4楽章はとても幸せそうな心地の良い音色になっていました。

超絶技巧と呼ばれる妖精の踊り
何度見ても凄い……そして、ヴァイオリンの様々な音色が楽しめるこの曲はとても好きです。
そして……アメリカの思い出
みねりさんとても好きな曲で何度も聞いているうちに私もこの曲が好きになってきました(^-^;

ヴァイオリンの音が好きだけど、それを奏でる人で音が違う。

演奏は技術も大切だけど、表現者としての力が見てる人に与える感情が大きいんだなぁと思いました。
もっと高い技術を持っている奏者を知っていますが、私は彼女のヴァイオリンが、その音色がとても好きです。
また近いうちに彼女のヴァイオリンを聞ける日が楽しみです。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する