Million-Colors Vol.2

2010.09.13.Mon.15:05
前回とは打って変わってアコースティックのライブでした。
1回目の経験を生かすこともできたので無事に終えることができました。

出演者、ご来場くださったお客様、本当にありがとうございます。

今回も個人的な視点を含めたレポート的なことを残しておきます。

出演:水鏡 / Weiβ Klang / Rose Noire / LOLITA

開場時間が遅くなったのは最後にセッションを追加したので、どうしてもリハの時間が大きく必要でした。
終了が遅くなってしまったにも関わらず、最後まで残ってもらえて嬉しかったです。

オープニングは前日の9/10に誕生日を迎えた綺音さんと綺麗な低音のヴォーカル紗雪さんのユニットWeiβ klangです。
今回の会場、阿佐ヶ谷 Next Sundayはグランドピアノ、コレを見た時からWeiβ klangにお任せするつもりでした。

途中でトークコーナーやら、時間がなくなったのでワンコーラスだけなどフリーダムな面を持ち合わせていますが、基本となる音楽がとてもしっかりしていてイベントの開幕として素晴らしいステージでした。
この会場との相性は良さそうなので今後もライブがあるかもしれせんね?


ピアノがメインのライブハウスですが、ピアノが続くとメリハリがなくなる。
そこで2番手はRose Noireになります。
ピアノからヴァイオリンへ…音楽としても静から動へ。
想い描いたように綺麗にバトンが渡せたように思います。

ダンサーさんに関しては私自身も当日に知ったのですが、今回の会場では少し難しかったかもしれません(汗)
基本的にアコースティックのライブハウスなので想定されていないと思います。

今回、私としても少し無理なお願いをしたかもしれないです。
どうしてもRose Noireを座って聞きたかったというのがありましたので……。
音楽のレベルは相変わらずのクオリティを誇っていました。
次の出演者が思いっきりプレッシャーを感じてしまうほどに。

そんな3番手は今回のためのセッションユニットLOLITAになります。
ピアノとコーラスは同人サークルロリィタノイロォゼりみゆさん。
ヴォーカルには2年ほど昔に解散したユニット、Treffen Sie Sichklaraさんです。

MCでも話していましたが4月から水面下で今日という日の為に準備を進めてきました。

二人はとてもプレッシャーを感じていたようですが、主催としては信じていたので問題ありません(゚-゚)

りみゆさんのピアノは2月のライブでじっくり聞きました。
今回のライブでその時よりもさらにレベルアップしていました。
ピアノの演奏だけでなくヴォーカルとしても。
最初の1曲は5月のライブに出演してもらった梨丘いるまさんの作った曲です。
Hollow MellowというアルバムからSerenadeです。
見事にピアノで弾いていました……。
彼女の凄さを改めて認識しました。

klaraさんも約2年ぶりのライブでしたがそんなブランクを感じさせないヴォーカルでした。
確かにライブ感は少し鈍っていたかもですが、2年も前に魅了されたヴォーカルは健在でした。
この2人を一緒にしたらイイモノが作れるだろうとは考えていましたが、想像以上のステージになりました(* v v)。

そんなライブの最後は水鏡の2人です。
アンプを一切使わずに生音によるライブを最後に持って来ました。
さんのヴォーカルは本当に凄まじい。
大抵のライブハウスならマイクなしでも十分かもしれない。

今までと違って楽器もアコースティックギターになるので、若干アウェー的な空気がある中でさんの圧倒的なヴォーカルがそれを消していたように感じました。
終わった後に今後はライブハウスで生音はやらない的な話をしていたので、このライブで聞いた水鏡はとてもレアになるかもしれませんね?

最後は波乱のセッション……。
曲はKalafinaoblivious
綺音さんがこの曲を選んだ時は正気を疑いました……。
水鏡さんがベースを入れ、当日のヴォーカル陣であのコーラスワークに挑戦しました。

ここまでのクオリティに仕上がりました。
出演者の皆様には本当に無理をお願いしました。
ここまで素晴らしいセッションになったのは全員のおかげです。

本当にありがとうございました。

次回のライブはホームページで告知しています。
http://www.million-colors.net/
また違ったライブになりますので興味があれば是非!
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する