ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ

2010.05.09.Sun.01:29
年に1回あるかないかの海外ドラマの話です。
つい先ほどのテレビで放映されていたドラマ版のターミネーター、通称TSCCの最終話でした。
テレビ版のテロップでキャメロンが毎回美少女ターミネーターとか書いてあるのはギャグだったんじゃないのかなとか思いつつ見ていましたw

中途半端なことを書いてもアレだったんで最終話の放映を見てからにしようと思っていました。
テレビでシーズン1と2が一気に放映されたわけですが、シーズン3は打ち切りでこんなエンディングだったとか色々言われている作品なわけです。
続きを見たい気持ちはありますが、ムチャクチャな終わりからどうしようもない話になるのであれば勘弁して頂きたい。

で、私の個人的な感想ですが面白い作品でした。
ターミネーターとして見るとちょっと違う気もしますが、SF作品としてはとても好きです。
タイムパラドックスにパラレルワールド……よく出来てるんじゃないかな。

未来から送られてきた戦士、デレクとジェシーはお互いに恋人同士ですが、それぞれが違う未来から送られてきたので持っている記憶が違う。
キャメロンが来たことで変わった未来を更に変えようとしていたと判断していいのかな?

だが、あの終わりは色々と説明が足りないだろう(-_-;)

キャサリン・ウィーバー……液体金属のターミネーターは人間の味方でよかったのか?
ジョン・ヘンリー、アレを会社を上げて作っていたのはスカイネットに対抗するためらしい。
「私の息子がいないと勝てない」
コイツはどこの未来からやってきたんだ??

キャメロンは自分のチップをジョン・ヘンリーに託して、ジョン・ヘンリーは未来へ。
それを追いかけてジョン・コナーとキャサリン・ウィーバーも未来へ。

未来ではジョン・コナーは英雄になっていないらしい。
それは、未来が変わったから?
それとも、これから英雄になるから?

キャサリン・ウィーバーはメタルだと知られれば破壊されるから消えるのも仕方ない気がするが、ジョン・ヘンリーは?
コイツが人類に勝利をもたらすのであればどこに??

と、謎多き最終回でした。
まぁ、これだけタイムトラベルを起こせば新しいパラレルワールドに辿りついたとも考えられますから。

途中までの展開は好きだったんだけど、打ち切りが決まってから暴走したのか、折込済みなのか判断できません……。
ただ、ラストシーンはキャメロンの元になった人間、アリソン・ヤングとの出会いはロマンスを期待してしまいました。
なぜならヒロインのキャメロンはターミネーターの時点で結ばれることがないので。

シーズン3……やって欲しいがやれるのか?
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
管理人の承認後に表示されます