STWOOD!!~弦楽四重奏&クラリネット五重奏の夜~

2010.05.01.Sat.19:36
昨日ですがクラシックのコンサートへ行って来ました。

前半はヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロの弦楽四重奏になります。

モーツァルト:ディヴェルティメント
第1楽章:Allego 第2楽章:Andante 第3楽章:Presto
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番へ長調「アメリカ」


そして、休憩を挟んで

モーツァルト:クラリネット五重奏イ長調

アンコール:チャールダッシュ

弦楽四重奏ではヴァイオリンが2つなので高音も美しく、ヴィオラとチェロがそれぞれ低音を奏で綺麗な音色でした(* v v)。
アメリカ前田みねりさんのとても好きな曲ということで、演奏中もどことなく楽しそうな雰囲気が伝わってきました。
会場も音楽もホームグラウンドといった様子で普段のような緊張はあまり見られませんでした。
本人も気にしていたことですが、やっぱり場数の問題なんでしょうか?
いつか普通のライブでも緊張しなくなるといいですね。

さて、メインのクラリネット五重奏は初めて聞きましたがとても良い曲だなと思いました。
とても難しい曲で挑戦したという話をみねりさんのソロリサイタルの時に聞いていました。
もし……5年後、10年後に同じメンバーで演奏したら、今日とは違った印象を受けるかもしれません。

綺麗な音楽で落ち着いたいい気持ちになれました(* v v)。
ライブばかりだと疲れてしまいますから……。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する