Daizo×水鏡-2MAN ACOUSTIC LIVE- ~餓狼の情熱 vs 水鏡の求生~

2010.04.11.Sun.02:00
いよいよ、2マンライブの日がやってきました。

2部構成でお互いが交互に演奏し、最後にセッションというスタイルでした。
Daizo水鏡Daizo水鏡Daizo×水鏡

個人的にDaizoさんは2部の方が好きです。
1部はお客さんと一緒に何かしようという感じでストリートの時に近かったです。
2部はDaizoさんの思いをぶつけてくるようなライブでした。
ああいった感情を剥き出しのステージの方が見応えもありました。
ヴォーカルもそうですがギターのテクニックも凄まじかった……。
水鏡同様に2マンに賭ける意気込みが伝わってきました。

水鏡さんはいつもと髪型を変え気合十分といった感じでした。
1部の後半のMCをトチるまでは(ノ∀`)
さんがギターを止めて訂正していました。
ある意味で水鏡らしかったですwww

2部からさんが白い衣装に着替えて仕切りなおしです。
赤い月、黄色い目などお馴染みの曲ですが、さんから伝わってくる雰囲気がいつもと違う……。
特に書物の時は鬼気迫るほどの気迫を感じました。
そして、二人の強い想いが込められた意味と。
続く、月の裁きにもさんが過去と向き合おうとしている強い感情が込められていました。
2部は本当に思入れのある曲を選んだんだなと思いました。

最後のセッションはDaizoさんが水鏡求生という曲を。
水鏡さんがDaizoさんに情熱という曲を。
それぞれがお互いに曲を提供するというちょっとした無茶をしていました(^-^;

最後にさんが二人に終わらない旅という曲を作ってきました。
アンコールの代わりですね。

始まるまでは色々と心配していましたが、終わってみればとてもいいライブでした。
このライブを超えて水鏡の二人がまた一歩成長していくんだなぁと思います(* v v)。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する