泥陀羅復活ワンマン-濃縮室 Enrichment chamber-

2015.09.26.Sat.23:19
場所が同じ渋谷で時間的に間に合いそうだったので参加してきました。
約1年振りに泥陀羅のライブへ。

とりあえず、最初に言わせて欲しいのはMilkywayはマジで勘弁して欲しかった。
あのビルに入ってるライブハウス全部に言えるけど、他の階でやってるライブの音が響いてくるのは本気で嫌だ。
低音が強いと振動するし、もう何なの?って感じになる。

三部構成だったわけですが、三部が一番良かったかな。

一部は今までの泥陀羅の詰め合わせという感じで流れとか云々より詰め込んであるように感じた。
この順番か……って思ってしまった。

二部は……トークが苦手なのにトークメインにするとか自殺行為か何かか(-_-;)
寝てるお客さんを見ても仕方ないって思ってしまった。
ただ、この二部で今までの泥陀羅を終わりにして新しくDEIDARAを始めるという展開にしたかったんだろうなぁ。

三部は新しいDEIDARA
今までの経験と技術を結集して、一つのコンセプトを持った軸がブレてない流れで良かったです。
でも、この音楽性に進むとこれからのお客さんは全く違うタイプの人達が集まるようになるんじゃないかな?
それを決意させたのが百花繚乱絡繰箪笥という曲なのだろう。

アンコールではフミコウさんが練習してない曲をぶっこんで歌詞を飛ばさせるとか鬼かよ(ノ∀`)
新しいアンコールを見た気がする。

ライブ自体は悪くはなかったけど、個人的に泥陀羅の曲は重いので長時間聴き続けるのがとてもしんどい。
3時間越えてくるとちょっと疲れた……。
わかりやすく言うなら油っぽい中華料理をこれでもか、これでもかって詰め込まれて胃もたれしてるような気分^^;
好きな人は平気なんだろうけど、本来の私が聴くタイプの曲ではないので三部だけでお腹一杯です……。

もう若くないな……そう思いました。
挨拶したいファンの方々がたくさんいるので早々に退散しましたとさ。
スポンサーサイト

宙(ソラ)の旋律~星空を歌うコンサート」

2015.09.26.Sat.22:59
正式名称は長いので省略しましたが……。

東京国際科学フェスティバル公認イベント
「宙(ソラ)の旋律~星空を歌うコンサート」
星の歌集2発売記念ワンマンライブ


清田愛未さんの約2年振りのワンマンライブでした。

出演:清田愛未(歌、ピアノ) / 穴田貴也(チェロ) / 巻渕麻利子(ヴァイオリン)
スペシャルゲスト:谷岡久美(ピアノ) / 牛山俊男(自然写真家)


チェロにヴァイオリンが加わって弦が2つになったことで以前より格段にパワーアップしていました。
歌に写真、映像でとても素敵な時間でした(* v v)。

はやぶさ2010では実際のはやぶさの映像もあり、久し振りに見ましたがちょっと感動しますね……。
普段は弾き語りなのですが、アースシンフォニーはインストでKAGAYAさんの映像も綺麗でかなり幸せでした。
本当に寝てもいいようにCDを買ったてみたり。

最後の曲、星空のカノンはヴァイオリンが加わったことでより、カノンに近付いたようでした。
本当に良いライブは色々と言うことはないですね。
ただただ、聴いているだけで幸せでした。

次のアルバムの準備をしているそうで、来年以降になりそうですが、とても楽しみです。
久し振りに和楽器が……。

LIVE・A・LIVE・A・LIVE 吉祥寺篇

2015.09.26.Sat.00:37
20th ANNIVERSARY(正確には21年ですが)、LIVE A LIVEの発売から20年を記念してのイベントでした。
きっかけは作曲家の下村陽子さんが酔ってツイッターに書いたことらしいw

ライブというよりはトークの方がメインな感じでした。
普通にやったら全曲流しても1時間なので^^;
終盤で喋りすぎて時間がないと言ってたんですが、そもそも開演が20分も押して、休憩を15分も入れたら押すのは仕方なかったのかなぁと。
ただ、21年前に作られたGO!GO!ブリキ大王!!のカセットテープ音源が最後まで流されなかったことはとても悔やまれる……。
開発者トークも面白かった。
あれから20年がすぎて現役でゲームの仕事をしてる人が多かった。
バックアップデータがプロッピーディスクとか時代を感じさせる……。

SELCT・A・LIVE、シナリオ選択画面の音楽から近未来編のPSYCHOで夜露死苦!!というオープニングで最初から高まった!!
一部のセットリストはすでに公開されていたのですが、スーパーファミコンの時代のゲーム音楽を生演奏で聴くというのは感慨深い。
当時は中学生でしたからね。

SF編のCAPTAIN SQUARE下村さん曰く、人が弾けるシーケンスではなかったとか……。
現代編のKNOCK YOU DOWN!ではゲストギタリストに艦これのプロデューサーにして、当時は宣伝プロデューサーだった岡宮さんが登場。
「艦これはメンテでそれどころじゃないけど今日はこっち!」が超面白かったw
原始編のKiss of Jealousyはヴォーカルありで下村さんの25周年コンサート以来だそうです。

功夫編の鳥児在天空飛翔 魚児在河游泳は二胡の音が入って本当に綺麗だった。
今日のコンサートで一番震えた曲でした(* v v)。
西部編もWANDERERとこの二つだけバトル曲じゃないのも良かった。

ということは幕末篇は殺陣!、三味線と尺八が加わってかなり雰囲気が出てた。
そして、全編の曲の後にはMEGALOMANIA、共通してのボス戦のBGM。
やはり、この曲は熱くなる……。

アンコールでまさかの中世編、凛然なる戦い
この曲は凄く好きだけど、あまり期待してなかったんで流れた時は嬉しかった!

まさか、ラストの曲はGO!GO!ブリキ大王!!で会場で合唱するとは予想してなかった(ノ∀`)
ライブは良かったんだけど、音響が最低だった。
PAがヘタクソすぎやしませんかね?
本当に勿体なかった……ライブが良かっただけに。

それを差し引いても満足しました(* v v)。
次回、あったらいいなぁ……。

IMERUAT & STELLA LEE JONES Joint Live!

2015.09.19.Sat.22:56
IMERUATのライブでかなり満足した!

今回のライブはSTELLA LEE JONESの方が3年前から熱望していたそうで実現したライブだそうです。
確かにIMERUATのジャンルはプログレが適切な気がする。
キーボードの佐藤さんはみとせさんのバンドライブやおいやわし夜で何度も聴いてたわけですが、このバンドだとお笑い要素がなくてカッコよかったw

アコーディオンの佐々木絵実さん蛇腹姉妹もやっている方で初めてライブで聴きました^^;
なんでも、浜渦さんはFF13にも参加して欲しかったのがIMERUATで念願が叶ったそうです。

STELLA LEE JONESは何というか正統派というかプログレらしいバンドでした。
パーカッションの人が不在だったのでフルメンバーで見てみたいなぁ……。

IMERUATは一曲目からBlack Oceanで震えた……。
Morning Plateでは初のアコーディオンが参加で新鮮でした。
アンコールにTeNiOEもあったんで十分です(* v v)。

良いライブに参加した後はとても気分がいい……。




ロリィタノイロォゼワンマンライブ「ステファノティスに寄す」

2015.09.12.Sat.22:40
おそらく年内は最後になるロリィタノイロォゼのライブでした。

今回は初期の頃の楽曲がメインということですが、テーマに沿った流れがあったように感じました。
彼女の楽曲には楽譜がないので毎回音が少し変わっていたりします。
最後に演奏したGo Underで音色が大人になったと思いました。
何というか、昔は勢いがあった若い演奏だったのが、今は音に深みがあって、一音を大切にしているような感じでした。

ちょっと残念だったのは会場の音響ですかね……。
多分、構造の問題とスピーカーの位置で音が綺麗に抜けてない。
せっかくのピアノの音が籠ったような音。

次は来年にということなのでまたその日をゆっくり待つとしましょうか。

World Music Bazar

2015.09.04.Fri.00:18
オオフジツボが久し振りの対バンライブでした。

出演: オオフジツボ / Polonets

ライブハウス的な音響でオオフジツボを聴くのは久し振りで普段と違った音を楽しめました。
ライブは楽しかったのですが……おそらく対バンのお客さんが凄くうるさい。
ライブの演奏中に会話が聞こえるのは流石にどうかと……。
あと、それを店員じゃなくて他のお客さんが注意するとかもうね。

対バンのPolonetsは演奏も良かったし、ダンサーさんも居て盛り上がってたのですが、ああいうお客さんが付いてるとちょっと……。
そんな気分になってしまいました。

ライブは良かったのにどこか残念。
特に最後のセッションでやったLAUHinba!は本当に凄かったのに。