四月は君の嘘 クラシックコンサート

2015.01.27.Tue.23:35
気が付いたらチケットを買った時より豪華な出演者が揃ってました。

出演:NAOTO(トーク&ヴァイオリン)、阪田知樹(ピアニスト)、篠原悠那(ヴァイオリン)
ゲスト:イシグロキョウヘイ、宮園かをり役(声優:種田梨沙)、7!! NANAE(Vo)


クライスラー:愛の悲しみ
ショパン:練習曲作品 10-12「革命のエチュード」
クライスラー/ラフマニノフ編:愛の悲しみ ピアノ独奏版
ショパン:練習曲作品 25-11「木枯らしのエチュード」
ドビュッシー:月の光
ベートーベン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」第3楽章

NAOTO:HIRUKAZE
モンティ:チャルダッシュ

ベートーベン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」第1楽章
サンサーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ


クラシックのコンサートとしても楽しかったわけですが、7!!オレンジが本当に綺麗だった。
NAOTOさんのアレンジでピアノとヴァイオリンにヴォーカル。
個人的に好きなセットなので元々好きだった曲がさらに好きになれました(* v v)。

阪田さんのピアノが本当に素晴らしかった。
革命月光と好きな曲が多かったから余計にね。

最後はクロイツェル序奏とロンド・カプリチオーソ四月は君の嘘らしいコンサートでした。
スポンサーサイト

1/12 藤野由佳ソロ

2015.01.13.Tue.00:00
アコーディオン奏者の藤野由佳さんのソロライブ。
スペシャルゲスト:吉良知彦(ZABADAK)

前半は藤野さんのソロ。
やや緊張気味の演奏でしたが綺麗なアコーディオンでした。
鳴りやまぬ記憶がまた聴けたのが嬉しかった(* v v)。

後半はゲストを加えてユカキラのデュオ。

いきなり演奏のやり直しで吉良さんが一言。
「やり直す時は前回を超える」

この後の曲で存在しない3番を吉良さんが歌おうとしてやり直すという新しいタイプの事件が起こりましたがw
evergreenリタさんが歌詞を書いた曲だそうで、間奏が長いのが罠らしい^^;

吉良さんのギターは秀逸で秋霖空駆けるものオオフジツボでやっている曲をギターとアコーディオンのデュオでここまで違った曲になるのかと衝撃を受けました……。
そして、最後はZABADAK遠い音楽
カバーではあちこちで聞きますが、やはり本物は凄い。

ギターで感動を覚えることはほぼない。
でも、吉良さんのギターはいつも素晴らしいと思う。
素晴らしい時間でした。

1/10 KBB

2015.01.11.Sun.00:34
新年1発目のライブハウスは去年に最後にライブを観たKIWAでした。
CDは持っていて知ってはいたけど、機会がなくてやっと観ることができました。

スーパー・シンフォニック・ロック・バンド、KBBを。

やはり、CDで聞くのとライブは全然違う。
エフェクターを通したエレキヴァイオリンの音は凄まじい。
ヴァイオリンであんな音を出せるなんて思わない。
エフェクターを使い分け、さらにあの技量……恐ろしい。
あの凄さはライブでしか伝わらないんだろうなぁ。

もちろん他のメンバーのテクニックも超絶レベル。
何というか、人の手だけであれだけの音が出せるんだなと……。

次は3月末らしいので行きたいなぁ。
その前にERAもね。

すっかりプログレの世界に染まりそうだ……。

澤和樹還暦記念ファンド・レイジング・コンサート

2015.01.04.Sun.23:31
今年最初のイベントはコンサートでした。
知り合いに誘われて東京藝術大学奏楽堂へ。

まず最初に奏楽堂というホールが綺麗で驚いた。
音も綺麗で聞きやすかったし、ステージも見やすかった。
葉加瀬太郎さんが「使わせてほしい」と言うだけのことはある
1曲目はステージがせり上がってくる仕掛けがあるとか並みのホールじゃないな……。

というわけでプログラムを。

■J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV.1001より「アダージョ」
 Violin:澤 和樹
■L.ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ
 Violin:澤 和樹 Piano:蓼沼恵美子
■B.バルトーク:2つのヴァイオリンのための44のデュオより
 Violins:澤 和樹・澤 亜樹
■L.v.ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 Op.130より「カヴァティーナ」
 澤クヮルテット
■J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043
 Violins:岡本誠司・澤 和樹
■Swingin’ Bach
 Violins:澤 和樹・葉加瀬太郎
■葉加瀬太郎:情熱大陸
 Violins:葉加瀬太郎・NAOTO・澤 和樹
■O.レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲


本当に綺麗なヴァイオリンのコンサートでした。
一番印象にあるのはやはり情熱大陸
葉加瀬太郎さんの演奏を初めて生で観ました。

この人は本物のエンターテイナーなんだろうな……。
ステージに居るだけで圧倒的な存在感があって、ただ弾くのではなくバックの演奏も盛り上げる。
見てるだけでも面白い!
弾き終わってラストの掛け声とか本当に熱くなる。

それにしても、葉加瀬太郎さんもNAOTOさんも問題児扱いされててちょっと面白かったw
素晴らしいコンサートに誘ってくれた知人に感謝を。