めがねっ娘ライブ「歌う委員長」2014

2014.08.30.Sat.23:12
あきやまさんの純白RGBさんのライブでした。

まさかの機材トラブルでラスト2曲のうち、1曲が途中終了という悲劇的な結末でした(ノ∀`)
MCで喋りすぎてmacが不調になったとか噂もありますが、MCが短かったら曲を最初からやりなおせたんじゃないかな……。
機械はいつか人間に反乱を起こすと思うので仕方ない。
これだからmacは大嫌いです。
まぁ、面白かったからいいんですがね☆

ただ、前半のカバーはしっかり聞けてたのに、後半のオリジナル、メインの部分が削れてしまったのはちょっと痛かったな(ノ_・。)

大塚Live House Hearts+、名前が変わる前から知ってるけどPAの腕が落ちてませんかね?
多分、ここはテクノ系のライブをやるのには向いてない。
入場が手間取ってたのは予約の方法が問題だったと思われ。
名簿がメチャクチャで探すのに苦労してるっぽかった。
そりゃ、入場が押しますわ。
加えて、お昼にトークイベントやってたみたいなんで、リハーサルが十分に出来たのか気になるところ。

とりあえず、1組目はKalafinaやるならもっと練習してこいと……。
コーラスワークが命なのに音も外していたし、もうね。
他の2組は長くやっているので他の現場で何度も見ているので十分です。
私の趣味ではないです。

みたいものが揃う対バンライブなんてそうそうないか。
スポンサーサイト

8/24 うみがめくれる

2014.08.25.Mon.00:45
久し振りに舞台を観劇してきました。

出演:嵯峨ふみか/柳瀬晴日/山本沙和/シミズアスナ/青海アキ/田中佑果

出演者は全員女性、テーマは百合
最初に結論を書いておくと、面白いかどうかより、考えさせられる作品でした。

やはり、男性である自分には女子高というものは経験していないので想像することしかできず、同じように百合というものもわからない。
登場人物に感情移入するのが難しかったです。

美術部の部長であるきりかに恋人がいることを知って、失恋を経験したちづる
ちづるの姉のささきりかと口論するシーン。
ささは妹のちづるをどちらかと言えば恋愛対象的に愛しているのでこういう行動に出たと思う。
そして、きりか「普通に生きれば楽なのに」
このセリフに関しては百合がどうこうではなく、大抵のことに対して当てはまると思う。
普通に生きて、平凡な人生でも一定の幸せはある。
けれども、どんなリスクを冒してでも普通ではない生き方に挑戦するのも理解できる。
普通に生きた方が楽だとしても。

もう一つ、印象残ったセリフ「好きになっちゃいけない人もいる」
同性だから、家族だから。
いや、そうじゃない、それ以外にもそういう人はいる。
ムダに長く生きているとそういうことを経験することもあるので同意してしまいました……。

最後、かえでみやこはどうなったのか。
愛し合う二人はどうなったのか。
二人で海へ……真相は不明としておきましょうか。

本人が幸せならボクはどんな生き方でもいいと思うのですがね。
テーマがテーマなだけに少し難しい作品でした。

おいたわし夜~みとせのりこ&日比谷カタンの”こじらせ”系~

2014.08.17.Sun.01:02
毎度のことながらおいたわしいライブでした。
ありのままで本当に素晴らしかった……。

出演:みとせのりこ(vo.) / 日比谷カタン(g.vo.) / 佐藤真也(key.)

RADICAL DREAMERS -盗めない宝石-から始まるのも予想外でしたがこの後の展開があそこまでカオスになるなんて……。

第一部は残酷な天使のテーゼからの愛・おぼえていますかの流れはちょっと熱かったわけですが、カタンさんが歌い始めたのはインパクトが強かったwww
ここまで力強いのは聞いたことがないような……。
「アイドルの握手会」という話をされてからこの歌は握手会のテーマにしか聞こえない気がする(ノ∀`)

色々とトークの内容もあるけれど、過激すぎて書けないよwwwwww

第二部はカバーが凄かった。
開幕でカタンさんが黒バスの格好してたので先制攻撃されましたがw
まさか、みとせさんのコネクトを歌うとは……。
紅蓮の弓矢からのデュエットで革命デュアリズムとか熱かった……。
そして、ときめきメモリアルで初めてみとせさんのライブでPPPHやりました(ノ∀`)
こんな日が来るとは思わなかったorz
ロリータ和尚こと佐藤さんがテンション最高潮だったように見えたw

そして、カタンさんと佐藤さんがセーラー服に女装してライブも佳境へ……。
GO! GO! MANIACもってけ!セーラーふくとか選曲も色々とヒドイwww
まさに、おいたわし夜……。

アンコールでのアデュー・ジャポネーズは色々な意味で神懸かってた!!
何度か聞いたことあるけど、今までで一番、過去最高でした(;゚∀゚)=3ハァハァ
最後にこれで終わりというのはアレすぎるのでLet It Go~ありのままで~
ありのままでおいたわしい……ということらしい。

いやぁ……素晴らしいライブでした(* v v)。
色々な意味でw

8/15 オオフジツボ

2014.08.16.Sat.01:05
約2ヶ月ぶりに行ってきました。
今年は予定が合わなくてなかなか行けなかったのですが新譜の光の奥のレコ発ライブだったので。

出演:太田光宏(ギター)、藤野由佳(アコーディオン)、壷井彰久(ヴァイオリン)

翌日のライブで移動があるということで巻きで進行してたのですが……終わったのは22時といつもとあまり変わりませんでした(ノ∀`)

4曲が1つになった平泉セットなど光の奥から演奏されたのですが、一番印象に残ったのはShrine, Lighthouse, and the grass
ライブから帰ってCDで聴いているのに震えるものがある……。
こういうメロディは凄く好きだ。
そして、1トラックで7分を超えていることに気がついた。
ライブだともっと短かった印象がある。
いつまでも聴いていたいという気持ちがあったのかも。

普段よく聴いている曲もアレンジされていて細かい違いがあって飽きさせない。
Alexandrite Setなんか特にそう。
9月と10月も予定が合えばライブに行きたい。

■Alexandrite Set
http://youtu.be/z2C8WYh9jbs

こういうレベルじゃないとライブに通おうなんて思わないよ。

Artispark SP vol.80

2014.08.09.Sat.20:20
歌唱力に自信があるということで、風翼花*Fuyoka*を観に。
久し振りにこういうライブに来たけど、得られるものは何もなかった。
何にも面白いと思わなかったので風翼花が終わって帰りましたとさ。
何も感じないのはただの苦痛だ。

さて、風翼花
多分、みしまという子が1人だけ別格に歌が上手い。
なるほど、地下アイドルのレベルじゃない。
きゃなのダンスは相変わらずで高いレベルなんだが、歌が……。
もう少しだけ努力してくれたらいいんだけどなぁ。

1人だけヴォーカルのレベルが高くて逆にバランスが取れていないような気が若干。
総合的に見ても、十分に楽しめるレベルでした。
ただ、10分、2曲じゃよくわからないね。

地下アイドルじゃなくて普通のライブに出るんだったら推せる気がするんだけどね……。