第25回吉祥寺音楽祭(サンロードKISSHOW-LIVE)

2010.04.29.Thu.23:49
梨丘いるまさんのライブがあるということで通りすがりに参戦してきました。

一言で言えば
梨丘いるまらしいライブ」
でした。

造花fuocoに最後はTouch Your Heartといい初めて梨丘いるまというアーティストのライブを観た人に「こんな曲を歌う」というのをとても良く表現できていたライブだったと思います。
無料ライブということで初めて観る人が多い状況ではベストなセットリストではないでしょうか。

もちろん、それらの曲に挟んで使われたconfession梨丘いるまの新しい一面を垣間見るという意味でとても良かったです。
何というか初めているまさんのライブに参戦した時を思い出すような曲ばかりで元々のクオリティの高さを痛感しました……。

文句の付けようがない100点満点のライブです(* v v)。
次は5/14……期待しましょう♪
スポンサーサイト

4/28 トーホーメディア主催 テレビ収録ライブ

2010.04.28.Wed.22:18
Weiβ klangが出演するということで行ってきました。
開演の17時ピッタリに到着したわけですが、始まってないし、受付もいない……。
話を聞くと2バンド出演しなくなったので開場、開演が1時間押しになったそうです。

レベルの高い罠でした(-_-;)

Weiβ klangが1番手でライブが始まりました。
1曲目はあまりの音量で耳をやられそうになりました……。
会場の音響が悪いのかPAさんが悪いのかもうね(ノ∀`)

肝心のテレビ収録は2曲目のみでした。
それもMother earthでした。
この曲をライブハウスで聞くのは久しぶりだったので気が付かなかったのですが、収録に合わせてアレンジがしてあったそうです。
あまりにも自然に聞こえたので話を聞くまで気が付かなかった……。
綺音さん、バンドとか経験しながらどんどん凄くなってるんじゃないかと片鱗を垣間見た気がします(* v v)。
I LOVE×2 You夢色でトークコーナーもなく、久しぶりにライブらしくWeiβ klangを楽しめました♪

次は……またストリートかな?

4月のa pure song of acoustic heart

2010.04.20.Tue.02:27
しばらくは水鏡のライブに参加できそうにないので行ってきました。
まさかライブハウスのホームページに開場と開演時間が書いてないのは罠でしたが(^-^;

エレキギターのサポートが入っていつもと違うアレンジのライブでした。
それに月の音企画の曲が本当に良くなっていきます。
毎月無料配布CDを作るというコンセプトの元、すでに2枚がリリースされています。

今月は白夜の旅、先月の月の裁きどちらも歌っていくほどに完成度が上がっているように感じます。
次のライブは名古屋なので来月のライブにしか参加できないわけですが、次回の月の音企画が今から楽しみです(* v v)。

ちなみに5月は12、14、19と7日間に3回のライブを予定しているそうです。
これはさすがに……行く方もしんどいけど、やる方はもっとしんどい気がします(-_-;)

「ロマンス」前田みねり・ヴァイオリンコンサート

2010.04.19.Mon.15:51
前田みねりさんのソロリサイタルということで大阪まで行ってきました。
せっかくなので関西の知人と一緒に参加して軽くドライブも楽しんで帰ってきましたヾ(≧▽≦)ノ
そんなわけで弥生文化博物館でのコンサートです。

1時間前からそこそこ席が埋まっていて、開演時間には全ての席が埋まっていました。

出演
ヴァイオリン:前田みねり
ピアノ伴奏:大槻知世


乾杯の歌
ヴァイオリンソナタ第一番「雨の歌」

10分休憩

Always. 三丁目の夕日
序奏とロンド・カプリチオーソ
いい日旅立ち
ボレロ
ニューシネマパラダイス
アメリカの思い出

アンコール
サパテアード

前半はクラシックのナンバーです。
「雨の歌」は天気が晴れで「雨を感じて頂ければ」と話していました。
前半が終わって一番驚いたのは博物館の音響ですね。
下手なホールより音がいいんですが……。

後半は3月のリサイタルでも聞いた曲ですが、改めて観る機会があって本当に良かったです(* v v)。
いい日旅立ちはピアノの伴奏がとても綺麗で印象に残っていました。
ニューシネマパラダイスはメドレー形式で3曲、音色に浸って聞いていました。
とても癒されました。

曲の間にMCが入るんですが、相変わらず緊張していました(^-^;
初めての大阪でしかもソロのリサイタルなので余計にかもですね?

コンサートで十分に満足したわけですが……
しかし……もう少し余裕を持っての延性をするべきだったと終わってから思いましたΣ(||゚Д゚)ヒィィィ

4月のアコースティックな長い夜

2010.04.17.Sat.00:37
今日もWeiβ klangのために参戦です。
最後のセッションがないので最後までは付き合わずに撤収しました。

まずはセットリスト。
幻想華
I LOVE×2 You
君がのこしてくれたもの
トークコーナー
夢色

1曲目の幻想華はいつもと違うアレンジでした。
最初のワンコーラスは綺音さんによるソロでした。
以前からも思っていましたが綺音さんはソロの弾き語りでも相当実力があります。
けれども、紗雪さんというヴォーカルが加わった二人のWeiβ klangになることでよりレベルの高い音楽になる……。
それを痛感しました。

I LOVE×2 Youやるやる詐欺になるかと思いましたが無事演奏されました(笑)
4/4のライブではワンコーラスだったので公約通りにフルコーラスです。

そして、君がのこしてくれたもの……。
この曲に込められた思いはWeiβ klangのブログを参照してください。
http://ameblo.jp/w-klang/entry-10507731984.html
丁度、一年ぐらい前に作られた曲だそうです。
どうしても今日はやりたいということで紗雪さんに相談したそうです。

初めて聞いた曲ですが綺音さんのピアノが優しく、紗雪さんの声が切なくてとても良い曲でした。

最後は夢色でいつも通りに綺麗な……演奏でした。
トークコーナーで3人目のメンバートントンくんJr.がピアノの上に置いてあること以外は。

何にしても……Weiβ klangにはまだ知らない名曲がたくさんありそうです。

Healing acoustic cafe 放千歌-Vol.1-

2010.04.14.Wed.01:36
久しぶりに高円寺でライブでした。
出演:-MOTHER-/Sleep Slow/水鏡/Takao

今日はライブハウスをカフェ風にアレンジしてしっとりとしたアコースティックライブでした。

1番手のTakaoさんは急遽参加が決まったそうです。
-MOTHER-HIZさんが歌を聞いて誘ったとのことです。
ちょっと激し目のギターでアコースティックじゃない方が本職なんじゃないかな?と思いました。

次は2マンを終えた水鏡です。
どの曲も相変わらずの完成度です。
2マンを終えて次の目標へ進む決意を感じさせてくれる。
そんなライブでした。

白夜の旅は歌うほどに良くなっている……歌と共に水鏡が成長しているんでしょうね。
そして、最後はマイクもアンプも使わないで-MOTHER-
HIZさんただ一人の為に歌っていました。
今日のライブでさんがまた一歩成長する……そんな気がします。

Sleep Slowも3度目ともなると1曲の完成度が上がってきたようです。
ULYSSESカゲオクリ残月共にね。
でも、夕月夜が二人には一番似合っているかと……。
どんな形でアレ、何かの形として残して欲しい曲です。

最後はHIZさんのソロ、-MOTHER-です。
予想はしていましたが、一人勝ちです……。
という曲を一番気持ちを込めて歌える。
テクニックとかだけじゃない。
先月より込められた気持ちが、思入れが今日という日は何倍も強く歌に出てたんじゃないかなと……。

感動に言葉なんて出ませんよ……アレは反則だ。

池澤春菜ミニアルバム 夜想サァカス またまた合同記者発表

2010.04.13.Tue.12:41
またまた合同記者発表ということでまたまた参加してきました。

前回同様にイベントのレポート式にまとめてみました。

当日の流れは前回と同じです。
質疑応答 → 撮影タイム → 終了
1つ違うのはtwitterによる実況参加が加わったことです。

ここで一つ大きな問題が……ソフトバンクは電波が入りませんでした。
結果としてドコモを使っている人のみ実況に参加できたようです。
……えぇ、私も参加できない組でした。

会見資料から夜想サァカスの内容です。
2010年5月26日発売予定 1890円(税込み)

【収録内容】
1. Prologue 作曲:藤 みさき
2. 夜想サァカス 作詞・作曲:藤 みさき
3. 水彩の国 作詞:池澤 春菜 作曲:K・T
4. 冬寂-Wintermute- 作詞:池澤 春菜 作曲:とものかつみ
5. シェヘラザード 作詞:山下 慎一狼 作曲:岩野 道拓
6. 花かんむり 作詞:作詞・作曲:新居 昭乃
永続特典:PCデスクトップアクセサリー


続いて、WEBラジオのお知らせです。

Radio Haluna「番組名募集中」

5月14日(金)よりWAVEMASTER HAPPIES HPで配信開始!!
毎月第二、第四金曜日更新。
http://www.wave-master.com/happies/R_HALUNA/
(※5/14より公開になります)
パーソナリティ:池澤春菜
サブパーソナリティ:藤みさき
番組名募集中が番組名ですのでお間違いなく。

番組の内容やメールの募集は4月13日から募集予定。
詳しくはWAVEMASTERのHPをチェックしてください。
http://www.wave-master.com/happies/


記者会見に入る前に配布された資料に誤植が発見される、ツイッターの説明を忘れるなどの出来事により
Dr.Purpleこと村崎さんの謝罪&糾弾会見になりました。
写真には押えられませんでしたが正座をして見事な土座下でした……。

ツイッターによる実況のまとめはこちら。
http://togetter.com/li/13804

では、質疑応答の一部です。

アルバムの感想では「ホッとした」そうです。
他の質問で「サーカスに例えたら」という質問には「綱渡り」「一部、空中ブランコ」だそうです。
当初は5曲の予定だったそうですが、1曲増えたそうです。
収録が過酷だったことが伺えます(-_-;)

こちらは完成したジャケットを撮影したものです。

担当したのはイラストレータのヨシツギ氏です。
かなり豪華な仕様になっているそうですが、購入までのお楽しみということになりました。

ツイッターで話していた「なう」を歌詞に入れた曲を本当に作ったそうです!
アルバムを買って確認ですね。

新居昭乃さんについての質問がありました。
花かんむり新居昭乃さんのカバー曲になります。
いつかは新居昭乃さんに曲を書いて欲しいと……。
是非、実現して頂きたいと思います。

曲の話になると作詞・作曲を担当している藤みさきさんにマイクが渡されるシーンもありました。

夜想サァカス池澤さんに歌ってもらうことを考えながらキーボードで作曲したそうです。
アレンジが出来上がってからの間奏は二人で感激したそうです。

ミニアルバムのタイトルにもなっている夜想サァカスが2トラック目なのは本として考えた時に1トラック目のPrologueが表紙になって本編が2トラック目からをイメージしているそうです。

私はライブのことについて質問をしてみました。
半年ペースで行なっているアルバムのライブは今のところ順調に続いているそうです。
それとは別に呼ばれたライブは別なことをしたいと話していました。
5/15に予定しているライブに園崎未恵さんとのユニット金魚茶楼で出演するのもそういう意図があるそうです。
お声があれば出演をしていきたいと……。
池澤春菜さん出演のお問い合わせは事務所オスカープロモーションへどうぞ。
http://www.oscarpro.co.jp/

最後に撮影タイムで撮った全身の写真をアップです。

衣装も含めて一番良く撮れていたのがこの一枚でした(汗)

あとはアルバムの発売を待つだけです。
以上、またまた合同記者発表でした。

Daizo×水鏡-2MAN ACOUSTIC LIVE- ~餓狼の情熱 vs 水鏡の求生~

2010.04.11.Sun.02:00
いよいよ、2マンライブの日がやってきました。

2部構成でお互いが交互に演奏し、最後にセッションというスタイルでした。
Daizo水鏡Daizo水鏡Daizo×水鏡

個人的にDaizoさんは2部の方が好きです。
1部はお客さんと一緒に何かしようという感じでストリートの時に近かったです。
2部はDaizoさんの思いをぶつけてくるようなライブでした。
ああいった感情を剥き出しのステージの方が見応えもありました。
ヴォーカルもそうですがギターのテクニックも凄まじかった……。
水鏡同様に2マンに賭ける意気込みが伝わってきました。

水鏡さんはいつもと髪型を変え気合十分といった感じでした。
1部の後半のMCをトチるまでは(ノ∀`)
さんがギターを止めて訂正していました。
ある意味で水鏡らしかったですwww

2部からさんが白い衣装に着替えて仕切りなおしです。
赤い月、黄色い目などお馴染みの曲ですが、さんから伝わってくる雰囲気がいつもと違う……。
特に書物の時は鬼気迫るほどの気迫を感じました。
そして、二人の強い想いが込められた意味と。
続く、月の裁きにもさんが過去と向き合おうとしている強い感情が込められていました。
2部は本当に思入れのある曲を選んだんだなと思いました。

最後のセッションはDaizoさんが水鏡求生という曲を。
水鏡さんがDaizoさんに情熱という曲を。
それぞれがお互いに曲を提供するというちょっとした無茶をしていました(^-^;

最後にさんが二人に終わらない旅という曲を作ってきました。
アンコールの代わりですね。

始まるまでは色々と心配していましたが、終わってみればとてもいいライブでした。
このライブを超えて水鏡の二人がまた一歩成長していくんだなぁと思います(* v v)。

4/8 Daizo×水鏡 STREET LIVE

2010.04.09.Fri.01:54
2マンライブ2日前の合同ストリートです。

晴れてはいたのですが、寒さで手が動かずミスなどありましたが3人が気持ちがよく伝わってくるライブでした。
それにしてもさんはマイクとか本当にいらないなぁ……。
ストリートではマイクがない方が好きですね。

あとは4/10の2マンライブが全てなのでその日まで待つとしましょうか。
どんなライブになるか期待してね。

春のアコースティック放談完結編

2010.04.05.Mon.01:27
本当にアコースティックだったのか記憶を思い返してみよう。

出演:SPANKY FLAG/RaM/恋(from 恋愛ポリス) /Weiβ Klang

Weiβ klang
今日は急遽、参加が決まったということで2.5曲でした。
dark fantasy
I LOVE×2 You(ワンコーラス)
トークコーナー
夢色

短い時間ではありましたがアコースティックの会場でのWeiβ klangのクオリティは目を瞠るものがありました。
アコースティックユニットというのは伊達ではありません。
いつも以上に紗雪さんの声が通って聞こえました。
綺音さんはいつも以上に滑ってましたがwww

恋(from 恋愛ポリス)
名前は去年から知っていたのですがライブを観るのは初めてになります。
最初に思ったのは「アコースティックのノリじゃない……」の一言ですね。
キーボードの弾き語りから始まり、ラスト2曲はオケで激しく歌い上げていました。
恋愛ポリスというバンドでも活動しているそうで、バンドの時の方が雰囲気といい似合うのかなと聞いていました。
機会があればちょっと行こうかな?

RaM
SPANKY FLAGをじっくり見たいという理由で今回はトリ前になったそうです(汗)
前半の歌い上げるアコースティックらしい曲では麻友さんのヴォーカルが一枚上手です。
ライブにも慣れたのか初めてみた頃より随分と声が出ているように思いました。
しかし、後半のアコースティックらしくない曲になってくると吏沙さんの体全体を使ったパフォーマンスに乗せられてしまいそうでした(^-^;
お客さんも座りながらノッていたのでバンドスタイルが本来なんだろうなぁ……。

SPANKY FLAG
エレキにドラムと思いっきりバンドでした(ノ∀`)
カバーした曲といい昔のロックバンドですね。
10年以上は昔のね。

オリジナルの曲を聞いているとRaMの起源とも言うべきかどこか似たような音使いに感じました。
ライブ自体はかなりよかったのですが……イベントのタイトルのアコースティックをここまであからさまにスルーしてよかったのかな?

こうして振りかえって、ライブ自体はクオリティも高く満足です。
ただ……アコースティックだったのかは疑問が残りますがw

キョウカンカク

2010.04.04.Sun.02:11
本の話をするのは久しぶりかな?

珍しくゆっくり出来る一日だったので積んでいた本を消化していました。
その中でも特に印象に残った1冊です。

キョウカンカク (講談社ノベルス)キョウカンカク (講談社ノベルス)
(2010/02/05)
天祢 涼

商品詳細を見る


共感覚とは、音に色を感じたり、音を触覚に感じたり、形に味を感じたりする。
これは音を見る探偵の話です。

買った時は気にも留めてませんでしたが第43回メフィスト賞受賞作でした。
久しぶりに面白い本に出会ったなぁと思いました。

そんなわけでネタバレ上等です。
続きを読む "キョウカンカク"

4/3 Daizo×水鏡 STREET LIVE

2010.04.04.Sun.01:20
夕方から天気が崩れてどうなるかと思いましたがこの二人は決行していました。

先日とは違いDaizoさんと水鏡の二人による合同ストリートでした。
Daizoさんの時はさんが本職のベースにを弾いていたかと思えば、水鏡の時はDaizoさんがベースを弾いていました。
ストリートならではの感じもありとても楽しい時間でした♪

もう日付は変わりましたが4/3が水鏡の結成一周年だそうです。
それもあったので今日は参加したかったので。

さて、2マンライブの本番まで一週間を切りました。
本番が楽しみですヾ(≧▽≦)ノ

4/1 水鏡ストリート

2010.04.02.Fri.01:36
夜の20時~23時ぐらいまでやってるとブログで見たので行って来ました。
風は強かったけど暖かい一日だったので全然苦にならなかったです。

水鏡のストリートは何かと邪魔が入ったりでゆっくり観れたのは初めてかもしれない。
アンプもなしで純粋なさんのヴォーカルとさんのギターでとてもシンプルなストリートでした。
けれども、さんのヴォーカルが凄い……。
マイクもなしにあれだけの声量で歌っていたので通りかかる人が立ち止まってくれます。
そして、色々な人が水鏡の音楽を聴いて、月の音企画の無料配布CDを受け取ってくれていました。

去年から水鏡のライブへ通うようになったわけですが、こうやって少しずつでも色々な人に聞いてもらえるのはいいなぁと思います。

今日はいつにも増してさんが饒舌でエイプリルフールのネタをやっていましたw
他にもさんが宣伝をしている間にBGMを弾いたりとストリートならではの感じもあって楽しかったです♪

3日にも池袋で20時頃からストリートの予定だそうです。
10日の2マンライブで対バンするDaizoさんも一緒だとか。
時間があればちょっと顔を出したいかな?