Weiβ klangストリート 3連戦

2010.03.27.Sat.23:47
今日はWeiβ klangのストリートを観戦しに新宿へ。
18時ぐらいから始まり夜も寒くなってきたのに3ラウンド目に突入して、最後はやんごとなき事情で中止になりました(ノ∀`)

ストリートは綺音さんのピアノがないのでライブハウスと違ってツインヴォーカルを楽しめるようになっています。
そういう意味で、ストリートとライブハウスで構成が違うのはいいことかもしれません。

聞きながら気がついたわけですが、どうやらWeiβ klangの音楽は間奏がとても好きです(* v v)。
スピーカーに録音された音で物足りなく感じますがそれはライブハウスでのお楽しみということですね。
代わりに綺音さんのヴォーカルが存分に楽しめるのでストリートとは言え通いたくなるんですよね。

1Rは軽めに終わったわけですが2Rは1時間ほどがっつりやりました。
寒くなってきたので撤収を考えていたわけですが、綺音さんが「やりたい」と……。
紗雪さんがいぶしぶOKしたわけですが、これが過ちでした(-_-;)

止められました(゚-゚)

夕方にも3組ぐらいが同じ場所でストリートをしていて止められたらしい……。
その影響かも?

4/4にWeiβ klangのライブが決まったので来週はピアノを楽しみたいと思いますヾ(≧▽≦)ノ
スポンサーサイト

Cafe de Rie ディナーショー

2010.03.22.Mon.23:08
今日はいつもと違う趣向で日記をかくにゃん♪

質問コーナーでツイッターの話にで語尾がにゃんというのを普段から田中理恵さんが使っているにゃん。
そこで今日の内容の語尾はにゃんで通すにゃん!

受付が15分ほど早く始まるもフリードリンクのみにゃん。
お客さんが集まり始めて料理が運ばれるもビュッフェ形式で自分で取りに行く形式にゃん。
知り合いがいるテーブルは会話が交わされるも、ほとんどのテーブルが黙々と料理を食べているだけだったにゃん……。
そのせいか料理がなくなるのが早くデザートは一気になくなったにゃん><
料理がほぼなくなった頃にようやくイベントが進行したにゃん。

後方の会場入り口から赤いバラをあしらった黒いドレスで理恵さんの登場にゃん♪

最初のコーナーは掛け合いということでお客さんから二人選んで理恵さんと台本を読む今までのFCでもやってきたコーナーだったにゃん。
次のクイズコーナーは某ア○ックなんとかという番組を思わせるようなセットだったにゃん。
抽選で選ばれた4人と理恵さんがクイズで戦うわけですが、会場からヒントを貰って正解がほとんどわかったりもすれば、嘘を教えられて惑わされたり面白かったにゃんヾ(≧▽≦)ノ

恒例の質問コーナーは送られたハガキから抽選してその内容を本人に読んでもらう形式に変わったにゃん。
さすがに前回のイベントでこのコーナーが危険だとわかったようで一つ改善されたにゃん♪

5分の休憩を挟んで歌のコーナーにゃん!!
1曲目はEMOTIONにゃん。
ディナーショーでこの曲はないと思っていたわけですが、予想がハズレたにゃん……。
次は新曲のオレンジにゃん。

新曲……ということで重大発表にゃん!!

ニューアルバムの発売決定

さらに

写真集第二弾の発売決定

そして、ニューアルバムからもう1曲披露されてイベントは終わったにゃん。

内容だけ見れば普段とお茶会と何も変わらずにディナーショーである意味が全然ないにゃん!!
今まで通りの昼夜2回のお茶会で全然よかったにゃん……。

そんなわけで一つの決心がつきましたにゃん。






さよならにゃん!
ネットゲームで語尾が「にゃん」なんて人とパーティーを組むのはゴメンです……。

アルトネリコ ファン感謝祭 ~PHASE2~

2010.03.21.Sun.20:25
当選したので参加してきました。
ゲストの声優さんは大谷育江さん、志村由美さん、酒井香奈子さんにアルトネリコ1の主人公をしてた人です。

アルトネリコ3の開発秘話などがメインでした。
最初のゲスト志方あきこさんでした。
EXEC_EP=NOVA/.「けんかはやめてー」アルトネリコ2の時から考えていたらしい。
ゲロッゴの歌を作ろうとしていたり、ボツになったBGMを聞けるなどレアな時間でした(* v v)。

次はR.A.H.システムの話で開発者が実際にツールを使って実演をしていました。
アレ、予想より凄いシステムだったんだなぁと……。

シナリオの話でメインを担当していたのが女性だったと知りました。
そういや、スタッフロールをまともに見てなかったなぁと(汗)
だから、今回の主人公は今までのシリーズと比べてまともだったんですね……。

次はアニメーションです。
何というか、短いアニメですがあそこまで作りこんであったらクオリティは高いわけだ。
サキのフリップスフィアに登場する馬が実際に作られていて会場で披露されました。
3日もかけて作るとか製作者冥利に尽きますよ。

3Dアニメーションは……作ってる人がヘンタイだとわかりました(ノ∀`)
全裸のモデルのムービーが送られてきて、それを電車の中で確認してしまったなど恐ろしい話がでました……。
ティリアのためのムービーといいながにゃもが登場して全部持って行きましたw
ハーヴェスターシャに踏まれるムービーとか趣味の世界でしょう……。

最後は各シリーズの声優さんを呼んでのトークでした。
まずは大谷育江さんが登場してミュートの話ですw
やっぱりベテランの声優さんのトークは面白いヾ(≧▽≦)ノ
こういうイベントなら喜んで参加したいところです。

次に志村由美さんが2と3の話をしていました。
とりあえず、3の主人公は女たらしだから好きじゃないそうですw

最後は1の主人公と酒井香奈子さんでした。
……どう考えても出てくる順番が逆ですよ。
二人でトークマターの生アフレコがありましたが、相変わらずでした。

最後は少し微妙でしたが久しぶりにゲームのイベントで楽しかったです。
でも……3で完結したのに次回作とかあるんだろうか?

KEEPERS "MANIA" Vol.15 ~春の嵐を巻き起こせ♪~

2010.03.20.Sat.01:46
出演:上里美貴/桜井海里/noisy/あさくらはるか17/朝日麻衣/鈴木まりえ/THE KEEPERS

うん、どこぞの地下ドルイベントでした。
普通に遅刻なので朝日麻衣さんのことだけ。
今日はカバー2曲といつもの殺人コースでした(-_-;)

何だかんだで1年以上見てきたけど、彼女はカバーと自分の曲を歌う時が明らかに違う。
本人が気がついてるかわからないけどね。
多分、歌に気持ちが入らないというか……技術的なことじゃない気がしました。

後半の2曲、持ち曲を歌ってる時は本当に別人かと思うようなステージでした。
個人的には4曲だったら全部オリジナルでやってもよかったんじゃないかなと……。

これが今年、最初で最後の地下ドルイベントでありますように。

jinbowgの日 vol.174

2010.03.17.Wed.23:08
水鏡が参加するということでNext Sundayというライブハウスへ行ってきました。

ドリンク代を取られるところまでは普通なのですが飲むものでお釣りを出してくれたのは初めてでした。
場内も暖かい照明でアコースティックライブハウスとしていい雰囲気の場所だと思いました。
ピアノやヴァイオリンと言った室内楽器をマイクを通さずに使えそうな感じです。

相変わらずさんのヴォーカルは凄い。
今日はどの歌もいつも以上に感情は篭っているように思いました。
特に月の裁きと最後に歌った星になりたいはとてもよかった。
月の裁きの前にあったさんのMC。
あれは決意表明かな。
4/10の2マンを前に水鏡は今より一気に成長しようとしている。
そんな風に思えるライブでした(* v v)。

もう時間があまりないけど、楽しみになってきました。

4月10日(土) 大塚RED-Zone
Daizo×水鏡 -2MAN ACOUSTIC LIVE-
~餓狼の情熱 vs 水鏡の求生~

DVD付きの記念ライブチケットが販売されています。
4,400円と若干高めの値段ですが、当日に購入すると3000円のDVDがセットなのでトータルで考えたらこっちの方がお得なわけですw

詳しいことは水鏡のブログへどうぞ。
http://ameblo.jp/mikagami0403/theme-10020260493.html

R-GATE PROMOTION Presents [アコースティックナイト]

2010.03.17.Wed.00:43
Sleep slow再び……。

出演:Sleep slow/BabypinkTablet/-MOTHER-

Sleep slow
一夜のセッションで終わるかもしれなかったSleep slowの二度目のライブになります。
二人ともまさかの浴衣でステージに登場は綺麗でしたね(* v v)。

ULYSSESからカゲオクリ残月に春にちなんだカバー曲が歌われました。
その中でも夕月夜は別格ですね。
Sleep slowNANAさんの為に作られた曲だからでしょうね。
まだ2回目ですがNANAさんも少しずつアコースティックに慣れてきたそうです。
でも、聞いている私から言わせてもらえば、彼女はまだ力を出し切れていないようにも感じました。
もし、Sleep slowをこれからも続けてくれるなら是非、NANAさんの曲が増えて欲しい。

きっと、今よりさらに良いユニットになると思います。

BabypinkTablet
3回目になりますが今日は二人だけで楽器もキーボードのみのアコースティックスタイルでした。
そのおかげで初めてBabypinkTabletの曲をよく聞けたかもしれません。
歌詞とかじっくり聞けたので。
個人的にこっちのスタイルの方が好きかも?
今日は急遽参戦ということで4曲でしたがギターとキーボードの二人でやっても面白そうです。

-MOTHER-
後半から閃-4-AIMのアコースティックでした(汗)
HIZさんがソロで歌うは本当にいい曲です。
生で聞くのは二度目になりますが、作った人の思いが込められていて、ここまで表現されているのは凄いと思います。
でも、来月の4/13に歌うはもっと思いが込められていて凄いことになるんじゃないかな?

後半からは閃-4-AIMです。
Joueiさんのヴォーカルが圧倒的すぎた……。
間違いなく今日一番でした。
未来創……ここまで良い曲だったのかと思い知らされました。

来月にもイベントが決まっているそうなので行きたいな。
今度は-MOTHER-をじっくりとね?

3/14 Weiβ klangストリート

2010.03.15.Mon.00:37
時間が出来たのでWeiβ klangのストリートへ行ってきました。

ライブでのトークコーナーがストリートでもちょっと出てきて面白かったですw
Weiβ klangのストリートはライブと違って綺音さんの歌がよく聞こえるので実はレアなんです♪
普段はコーラスなので目立たないのですが、ストリートではツインヴォーカル的なイメージになります。
今までは歌うだけのストリートですが曲の合間にMCを入れたり、フライヤーを配布したり少しずつですが色々な人にWeiβ klangを知ってもらえたんじゃないかな?

ストリートを最後まで観てくれるお客さんは少ないですから(汗)
今日の反省点は配布するフライヤーが少なすぎたことですね……。

dark fantasy心の雨を口ずさめるようになってきました。
それだけライブに通ったんだなぁと思いつつも、Weiβ klangが好きなんだなぁと……。
曲もそうだけど紗雪さんの綺麗な低音もとても好きです。
心の雨は去年に初めて観た時にCDを買ってからずっと聞いてますから(* v v)。

ライブまで約1ヶ月、ストリートでガマンしよう。

トウキョウ、モノクローム...第13回

2010.03.14.Sun.23:24
以前参加できなかったgarimpeirogのステージを観るべく参加してきました。

ヴォーカルの方が他のバンドも兼任しているそうで、V系の激しいバンドだったのでgarimpeirogはどうなのかと思ったらアコースティックな感じのする良いバンドでした。
確かにヴォーカルの歌い方がロック系の強い感じなのですが、曲調がピアノとチェロをベースにした感じで好みでした。
ギター、チェロ、ピアノ、パーカッション、ハープにヴォーカルという編成です。

去年の12月に南青山MANDALAであったライブに参加したかったなぁ……。
着席で音響の良いライブハウスなのでgarimpeirogの音楽をじっくり聴くには向いていたと思います。

チェロの人はBAR STARGでソロでも演奏をしていたのですが、バンドになるとチェロの良さが際立ってました。
ドラムではなく、パーカッションというのも良かったと思います。
そこへピアノにハープとギターが入って今まで聞いたことがないタイプの音楽でとても楽しかったです☆

しかし……メインがV系のバンドなので今の私にはちょっとアウェーでした(^-^;
10年以上前はそんな音楽ばかり聞いてたりしたんですけどね……。

また南青山MANDALAでやる時は行きたいと思うのですが、チケットを取るのが大変そうだなぁ(-_-;)

パリ、時々、ウィーン

2010.03.13.Sat.23:15
前田みねりさんのヴァイオリンコンサートへ参加してきました。


原宿アコスタディオとても綺麗なホールであまり大きくないのですが、ヴァイオリンなどの楽器の純粋な音が良く聞こえる会場でした。
ライブのサポートではなく前田みねりというヴァイオリニストのコンサートでピアノの伴奏に合わせてとても素敵な時間になりました。

・本日の曲目
サパテード:サラサーテ
白鳥:クライスラー
美しきロスマリン:クライスラー
シチリアーノ:フォーレ
ゴリウォークのケークウォーク:ドビュッシー
夢のあとに:フォーレ
ロンドンデリーの歌:アイルランド民謡
テンポ・ディ・メヌエット:クライスラー
シンコペーション:クライスラー
序奏とロンド・カプリチオーソ:サン・サーンス
ボレロ:ラベル
亜麻色の髪の乙女:ドビュッシー
美しき夕暮れ:ドビュッシー
アメリカの思い出:ヴュータン

アンコール:Always三丁目の夕日


白鳥でクラリネットの平井加那子さんがゲストとして呼ばれました。
4/30のコンサートで共演されるそうです。
クラリネット、ピアノ、ヴァイオリンの三重奏は初めてだったのでじっくりと聞いてしまいました。
ちなみにこの日記を書いている時には4/30のチケットを購入済みなのは語るまでもありませんw

印象的だったのは序奏とロンド・カプリチオーソです。
この曲の前に短いMCがありました。
うつろな心というものを表現するのに人生経験が足りないとフランスでの留学時代に言われたそうです。
この話を聞きながら技術が高いことも必要だけど、やはり表現が重要なんだなと思いました。
ヴァイオリンの音でうつろな心を表現するのは確かに大変なことだなぁと……。

もっと技術のある人の演奏も聞いたことがあるけれど、彼女のヴァイオリンの方が好きです(* v v)。
私が前田みねりさんの演奏を好きなのはこの表現があるからじゃないかな?
そんなこと考えていました。

その次のボレロで強力なゲストが登場しました。
吉本の芸人出雲阿国さんです。
演奏後に二人で話していましたがピアノとヴァイオリンによる激しいバトルがありました(汗)
逆にこんなアグレッシブなボレロはコレはコレで良さがあると感じました。
しかし、フェリス女学院大学を卒業して芸人になるなんて凄い人だな……。

そして、アメリカの思い出
思わず合いの手を入れたくなるようなテンポの良い演奏で今日のコンサートを締めくくる選曲だったと思います。
もっともアンコールはありますけどね?

久しぶりにじっくりとヴァイオリンを聴くことが出来て充実した一日でした。
さて……4/18は大阪へ行く準備をしましょうか(゚-゚)

a pure song of acoustic heart special [目黒Acoustic屋]

2010.03.13.Sat.00:49
今年は目黒LIVE STATIONに行く機会が何気に増えてきたなぁと……。

今日は色々なバンドのメンバーが集まって1つのバンド目黒Acoustic屋としてワンマン形式のライブです。
カバー曲の他に様々なバンドの曲を目黒Acoustic屋として演奏していました。

水鏡からはエリーが歌われました。
さんが立ちあがってマイクなしでの歌いだしは圧巻でした。
今日のライブで一番インパクトがあったかもしれない。
エリーもよく知っている曲だけど楽器が増えるといつもと違った雰囲気になるので聞いていて新鮮でした。

途中で1曲だけメタ屋になりましたw
普段は水鏡でギターを弾いているさんは本職のベースに戻って水鏡ではみせない演奏をしていました。
これはこれで新鮮に感じたのは水鏡のお客さんだからでしょうね(苦笑)

それにしてもさんは凄いヴォーカルだと思う。
6人ぐらいのヴォーカルに混じって歌っていたわけですが、しっかりと存在感を出していました。
誰にも負けてなかった。

さて、そんな水鏡ですが4/10に2マンライブがあります。

4月10日(土) 大塚RED-Zone
Daizo×水鏡 -2MAN ACOUSTIC LIVE-
~餓狼の情熱 vs 水鏡の求生~

DVD付きの記念ライブチケットが販売されています。
4,400円と若干高めの値段ですが、当日に購入すると3000円のDVDがセットなのでトータルで考えたらこっちの方がお得なわけですw

詳しいことは水鏡へどうぞ。
http://ameblo.jp/mikagami0403/theme-10020260493.html

結成して一年の記念になるライブなので楽しみに待つとしましょう。

POP Beat

2010.03.11.Thu.00:50
Weiβ klangのライブでした。
3マンということでいつも以上に長かったハズなのに……。

出演:上田仁/Weiβ klang/てち(グラヴィティーノ)

上田仁さんのソロからのライブでした。
一人でギターを抱えて歌うのは初めて見たんですが、シンプルなだけに歌がよく聞こえるライブでした。
MCがなかったせいか他の二人よりちょっと終わるのが早かったように感じました(汗)

2番手がWeiβ klangですが、最後にしててちさんのことを。
アコースティックな長い夜にも出演されていて過去にも聞いたことがあります。
中央線をテーマにした曲など前半は乗り物系でしたw
上手いけど、アコースティックよりバンドの時の方が上手いのかもと思いました。
機会があればバンドの方で聞いてみたいですね。

今宵のWeiβ klangはオープニングが綺音さんのピアノソロでした。
そして、ショパン幻想即興曲の伴奏を弾いてからのdark fantasy……。
この日はどの曲も素晴らしかったですが、アレンジが加えられたdark fantasyが最高でした☆
1ヶ月ごしのMother earthI LOVE×2 Youなど。
最後の夢色といい、3マンらしくWeiβ klangが詰まったライブでした。

恒例になっているトークコーナーも相変わらず面白いwww
音楽が素晴らしいということもあるけど、この二人のトークも好きなのでついライブへ行ってしまいます(^-^;

次のライブまで1ヶ月以上あるそうですが、週末のストリートに復帰するそうなので時間があれば顔を出そうと思います。
そんなストリートなどの情報はWeiβ klangへどうぞ。
http://ameblo.jp/w-klang/

a pure song of acoustic heart ひなまつりSpecial

2010.03.05.Fri.00:49
今日も水鏡Weiβ Klangのライブでした♪
目黒LIVE STATIONのアコースティックは初めての参加でしたが、どの出演者もレベルが高く、とても良いライブでした。

出演:水鏡/Arisa/Weiβ Klang/Trauma/SAMI

一番手のSAMIさんの途中からの参加でしたがこの人も相当レベルが高い……。
スタートに間に合えばよかったです(_ _|||)
二番手のTraumaは曲とMCを交互に進めるやり方で曲をCM扱いして面白かったですw

いよいよ、三番手Weiβ Klangです。
CDにも収録されている心の雨が聞けて嬉しいです(* v v)。
初めてライブに参加してCDを買ったわけですが、その日のライブではやらなかった心の雨にすっかり魅了されてしまいましたから……。
そして、ショパンの曲をアレンジしたdark fantasy
この2曲が聞けたのでもう序盤にして満足です(* v v)。

この後に恒例のトークコーナーでいつも通りに笑わせてもらいましたw
紗雪さんが乗馬ムチという新しいアイテムを装備していました(ノ∀`)

最後はI LOVE×2 YouWeiβ Klangの中で明るい曲で次の人へ。
私がMother earthを聞く日はいつになるんだろう??

四番手のArisaさんもピアノの弾き語りでWeiβ Klangとは違ったタイプでポップな感じですがこちらも歌が上手い。
お客さんのノリも良かったので余計にですね☆

トリは水鏡です。
幕が下りた状態で書物を歌う演出は相変わらずの鳥肌ものですね。
本当に凄いヴォーカルだからこそ許されると思います。
今月から始まった月の音企画の曲、月の裁きをライブで聞くことができました。
やっぱり、水鏡さんのヴォーカルはライブで聴く方が圧倒的に凄い……。
今月だけじゃなくてこれからも歌い続けて欲しい一曲ですね。

今日はサポートにエレキギターの人がいました。
紹介も何もないので正体不明ですが(^-^;

これがさんがやりたいと言っていたスタイルかな。
アコースティックにエレキはどうかとって意見もありそうですが、あの使い方ならいいと思う。
メインはさんのアコギがしっかりしているところにエレキがそっと後押しするような感じかな。
とても静かに響いていました。

最後は全てのバンドで1曲セッションがありました。
……凄いね。
今まで聞いたセッションで一番よかった。

水鏡Weiβ Klang、今年はこの二組がメインになりそうだ。
なぜって、来週のライブも行くことにしたからですよw

birth

2010.03.03.Wed.01:16
CHARMSのライブなので南青山MANDALAでした。
出演:CHARMS/ヒナタカコ/Tiny Sun

残念ながら予定があるのでCHARMSしか見ることができませんでした……。

いつものメンバーに加えてとても素晴らしいゲストがいました。
沢口千恵(vo)
野上朝生(pf)
浜野律哉(per)
石橋優子(vo)
ゲスト:関智一


声優の関智一さんです。

ドラえもんスネ夫といい凄い声優さんですね。
最初は入れるのか心配でしたが、普通に入ることができました。
後で知ったのですが、関智一さんは何も告知をしていなかったそうです。
納得しました。

沢口さんの語りがさんとの掛け合いになり、いつものCHARMSと違って男女の話がとても印象的でした。

MCで沢口さんがさんに憧れていたという事実も発覚し、いつも以上に脱線していましたが面白かったですw

石橋さんの歌の合間に入る語りは特に良かったです。
コーラスではないのですが、歌と重なるように入る語りは心に響くものがありました……。

いつもよりピアノが見える位置だったので演奏の方も見ていました。
野上さんのピアノはいつ聴いても本当にいい。
切なさに激しさ、そんなものが全て伝わってくるような音色です。
こういうライブが楽しめる南青山MANDALA自分の中ではかなり好きな箱ですね。

時間の都合で他のライブを見ることができなかったのが少し残念でした……。