「LEGEND of CHUSEN ORIGINAL IMAGE SONGS」発売記念サイン会

2009.12.30.Wed.00:38
急遽参戦してきました年内最後のイベントです。
みとせのりこさんのサイン会のためコミケに行ってきました……始発で(゚-゚)
結果として始発で行くほどではなかったのですが(汗)

和服に眼鏡のまさに淑女という出で立ちでみとせさんの登場です。
整列中にお客さんが退屈そうに並んでいるのでみとせさんからお客さんに話しかけてくれました。
ライブに参加したことはありましたが、実際に話すのはこれが初めてですがとても話しやすい気さくな方でした(* v v)。

サインを貰いながら今年の活動のことを話していると
「来年はアルバムを3枚出します」
と強気な発言が飛び出しました!!

こ、これは期待してもいいんでしょうか……。

さらに帰り際に
「ライブもするよ~」
本気で期待しちゃいますよ?

そんな感じで無理をして参加したのですが来年がとても楽しみになるお言葉を頂けたので満足です(* v v)。
スポンサーサイト

花詩~椿~

2009.12.27.Sun.04:36
朝日麻衣さんのおかげで今回も参加となりました。

出演:Pyw(鈴木有美・大槻優菜)/山走千春/山本春香/朝日麻衣/関谷彩花・愛里紗/妻咲立女学館/LOVEminus

Pyw
本日の一番手は主催の大槻優菜さんのユニットです。
普通に歌も上手く、どこが悪いとかはないのですが……。
鈴木有美さんという歌い手さんをあまりよく知らないので何とも言えませんが、こういう歌を歌いたいのかなと思いました。
時折、息が続かなく声量が落ちるところがあったのでちょっと無理をしてるのかなと?
もっとも、アルコールを入れてステージに上がったのが原因だと言われればそれまでですが(ノ∀`)
まぁ、ここはそういうイベントですw

山走千春さん
今日は静かな歌を用意してきたとのことです。
音響のせいか声が曇って聞こえました。
きっと、本来の彼女の歌声はもう少し通るんじゃないかなと。
こればかりは本人を責められないのでなんとも(-_-;)

妻咲立女学館
6人組みのアイドル(?)ユニットで今回が初ライブだったそうです。
ダンスとかどことなく硬く見えたのはそれが原因かもしれませんね。
個人的にアイドル系はちょっと……。

山本春香さん
ちょっと歌った曲が少なく感じたのは気のせいか……。
純粋に歌唱力だけ見てしまうと少し足りなく感じます。
本人が声優をメインに活動しているのなら仕方ないと思いますが。

朝日麻衣さん
ETERNAL BLAZEからライブを始めるのは勢いがありすぎじゃないでしょうか……。
でも、彼女の声量があればこういうノリの曲がよく合います。
おかげでスタートから盛り上がってましたヾ(≧▽≦)ノ

披露された新曲のスターライツオン…は今までの彼女の楽曲と違い、歌をしっかり聞くタイプの曲に仕上がっていました。
激しい曲が多かったですが、元々それなりに高い歌唱力があるのでこの手の曲はあった方がいいですね。
そうね、何もしないでじっくり聞いていたかったね……。

あとはいつもの怒りの獣神ですよ(゚-゚)
アニソンはたくさんあるけど、この選曲をするのはまいまいしかいないだろう……。
そして、最後はWheel of Fortune―恫喝の空―と盛り上がる曲で締めました。

LOVEminus
コレは参加した人だけの特権じゃないかな?

関谷彩花・愛里紗さん
これで見るのは二度目になります。
1曲目のParallel Heartsで何となくレベルがわかってしまった……。
FictionJunctionのファンクラブに入会してるのは伊達じゃないですよ?
本物と比べてしまうとやはり……。
しかし、二人とも歌は上手いです。
比較対象のレベルが高すぎるだけで……。
歌にダンスと総合的に見ればかなりレベルは高いですね。

全体的には良いライブですが、会場の音響が残念でした……。
激しいタイプの曲ならまだしも、聞かせる曲には向いてなさそうです。

来年は……まいまい次第かな?

Christmas Live2009

2009.12.26.Sat.01:34
今年のクリスマスは清田さんのライブでお世話になりましたm(_ _)m

出演:清田愛未/CELLYTHM

CELLYTHMFF植松伸夫さんがプロデュースしているチェロの4人組、つまりカルテットです。
FFやロックなど様々な曲が演奏されました。

レッド ツェッペリンImmigrant SongビートルズEleanor Rigbyなど洋楽に詳しくない私でも知っている曲でした。
クラシックからもThe Land of Hope and Glory(威風堂々)が演奏されました。

何というか、ヴァイオリンはよく知っていましたがチェロが4台ともなるとここまで圧巻なんだと思いました。
ヴァイオリンが軽やかな音に対してチェロは重く、新しい気持ちで音を楽しめました。

清田さんの曲月下美人もチェロが加わるだけで印象がかなり違いました。
特に星空のカノンでの四重奏はパッヘルベルカノンをチェロで演奏するとこうなるのかと聞き入ってしまいました(* v v)。

でも、今日のライブで一番感動したのはアノ曲です。

Clash on the Big Bridge

そう、ビッグブリッヂの死闘をチェロの四重奏で演奏されました。
もう言葉にできないぐらいの感動でした。
あのゲームの思い出とチェロ4台による厚みのある演奏……。

とても素敵なクリスマスになりました☆

船長ブルックの船上X'masコンサート

2009.12.25.Fri.23:58
そんなわけで24日のイヴはナンジャタウンでちょっとしたイベントを見てきました。
25日までイベントだったのでもうネタバレしてもいいかなと。

出演:野上朝生(p.)/notch(perc)/安藤さゆり(vln)/石橋優子(vo)

ワンピースのイベントらしく、お客さんも多かったです。
ブルックの着ぐるみの人が頭をパカパカ開けたり、ルフィも出てきました。

X'masコンサート ということで、クリスマスにちなんだ曲のミニコンサートでした。
ワンピースからはビンクスの酒を歌っていました。

会場がアミューズメントパークで音響は良いとは言えませんでしたが、石橋さんのヴォーカルの前ではそこまで影響がなかったようです。
逆にバンドの方は音が弱く感じました。
ヴァイオリンは響かないので特に厳しかったと思います。

でも、短い時間とは言え、石橋さんの歌声を堪能するには十分でした(* v v)。
アカペラで歌ったきよしこの夜は本当に凄かった……。
石橋さんの歌声が響き渡っていました。

新年早々にライブが予定されているそうなので、年明けから良いライブに参加できそうですヾ(≧▽≦)ノ

THE IDOLM@STER 2009 H@ppy Christm@s P@rty!!

2009.12.23.Wed.23:33
年内最後のアイドルマスターのライブへ参加してきましたヾ(≧▽≦)ノ

出演
中村繪里子(天海春香役)/長谷川明子(星井美希役)/今井麻美(如月千早役)/平田宏美(菊地真役)/下田麻美(双海亜美役・真美役)/原由実(四条貴音役)/沼倉愛美(我那覇響役)
シークレットゲスト:若林直美(秋月律子役)


1曲目はクリスマスということでメリーでした。
その後は出演者が代わる代わるにメドレー形式でクリスマスにちなんだ歌が続きました。
普段のライブでは聞けないレアな曲ばかりでした(* v v)。
個人的に原由実さんの歌ったMelted Snowが凄く良かったです。
貴音の歌を聞いててもわかるけど、原由実さんはかなり歌が上手いと思いました。

歌が一区切りしてアイマスステーションの公開録音でした。
この内容は27日に放送されるそうなのでスルーの方向でw

さて、私的にはここまで長いオープニングでした。
そう、出演者に直ちゃんが……若林直美さんがいなかったのでイマイチ本気になれませんでした。
ここでビデオレターが流れ若林直美さんと仁後真耶子さんからのメッセージでした。

そして……まさかの直ちゃん登場!!
しかも、トナカイの格好でした(ノ∀`)
いっぱいいっぱいを歌ってくれた時にようやく火がつきました(;゚∀゚)=3ハァハァ

終盤のMASTER SPECIALメドレーで一気に会場がヒートアップしました!!
livEがまた聞けたのが本気で嬉しかったです。
今日のライブで震えたのはこの曲だけでした……。

メドレーラストのミンゴスarcadiaからえりりん乙女よ大志を抱け!!は最高の流れでしたヾ(≧▽≦)ノ
最後の曲はもう一度メリー……高まった会場のこの曲はまさに火に油を注ぐようなものですwww

アンコールはキミはメロディのフルバージョンでした。
しかし、物足りなかったんですよね。
アイマスのライブにアレがないとかね?

すると、ヘンタイことガミPが登場して最後のプレゼントをくれました。
そう、あの曲です。

THE iDOLM@STER

これがないとアイマスって感じがしないですね。
そんな感じで今年最後の声優イベントはアイマスになるのかな?

声優系がやっぱりホームだね。
お客さんのノリとか会場の雰囲気がアウェーな感じがしないですから(^-^;

ULYSSES活動休止ワンマンライブ -感謝の形-

2009.12.10.Thu.16:11
まさかこんな日が来るとはね……。
今年、一番応援していたバンドULYSSESの活動休止です。
しかし、記念すべきワンマンライブでもありました。

出演:ULYSSES
openning act:水鏡


オープニングを勤めた水鏡を知ったのもULYSSESがきっかけでした。
さんのヴォーカルは何度聞いても凄い。
何度か水鏡のライブには参加していますがこの日のライブは気合が違ってるように感じました。
さんが勢い余って客席を歩き出したりちょっとムチャをしているようにも感じましたが(汗)
ライブもそうだけど、水鏡からのメッセージに心を打たれました……。
「楽屋にいるULYSSESへ……」
その後に続いた言葉はその日、ULYSSESのファン、みんなが思っていたのではないでしょうか?
「本当にありがとう……」と、ライブ後に伝えてきました。

水鏡がこれからULYSSES以上に成長してくれるのを応援しています。
そうね、水鏡も来年通うバンドの一つです。

いよいよ、ULYSSESのライブです。
この日のために白いサイリュームを配ったり、ファンのみんなでできる限りのことをしてその時がきました。

結論から言ってしまうと、初ワンマンにして"今の"ULYSSESが出せる全てを出し尽くした、そんなライブをしてくれました(* v v)。

MCを入れるのではなく、曲の合間に青い蝶のお話を読むシーンが挟まれ、雰囲気も含めた全てがULYSSESの作った世界観を感じさせてくれました。

そらいろ……本当に良い曲です。
前にも書いた同じことを書きます。

ギター、ベース、ドラム、ヴァイオリン、ハープ、キーボード、コーラス……そして、ヴォーカル。
全てを使い見事に調和させたULYSSESにしか出来ない。

ヴォーカル:Yukiさん
ギター:Mikiさん
ハープ:Mioさん
ヴァイオリン:Midoriさん
ドラム:Azusaさん
そしてサポートの二人。
ベース:さといさん
キーボード:MEGさん

MioさんとMEGさんのコーラスに静かに被せるYukiさんのヴォーカル。
さらに6つの楽器に奏でられるメロディ、どれを取っても最高です!!

最後のLiberateはこの一年、ULYSSESと共に歩んできた思入れのある曲です。
忘れることのできないそんな曲が最後でした。

当然のことながらアンコールですが!!!!!

夢、まほら
そうか、これを持ってきたか……。
初めてULYSSESに出会った時に聞いた曲。
去年の11月4日、新宿アルタ前でね。
ここが今の編成になっての初ステージでした。

Yukiさんは涙で歌えなくなるシーンもありました。
曲が終わってからメンバーが一人ずつ話しますが何人かは涙していました……。

そして……本当に最後のそらいろ

過去に観たULYSSESで最高の瞬間をその目に焼き付けてきました。
最後の曲が終わってからファンの一同からメンバー全員に花束のプレゼントがありました。
ステージも客席もライブとして最高でした。

記憶に残る最高のライブだった

それが全てです。
活動休止……復活の日が来ることを切に願いましょうか。

池澤春菜Birthday Live “Quatrequarts”4分の4(夜の部)

2009.12.07.Mon.18:14
引き続き夜の部になります。

夜はライブメインでした。

Quatrequarts以前のアルバムからも歌われました。
光の花束からForestina~ノスタルジーの羽翼
ConfettiからDolce Vita

Forestina~ノスタルジーの羽翼この曲はとても綺麗で好きです。
ジャケット写真を見てコーラスを担当している藤みさきさんが作ったそうです。
このジャケット写真を撮影したのが駐車場のすぐ側だったなど裏話も出ましたね(^-^;

そして、カバー曲の選曲が神でした。

ライオン
もう一度ピーターパン
ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~
Fly Me to the Moon


ライオンは会場が沸きましたねw
藤みさきさんとのデュエットではなく、春菜さんがメインで歌いコーラスで支えていました。
こういう歌い方もいいなと思いました。

何より、ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~この曲をここまで綺麗に歌えた人は記憶にないですね。
確かにバンドで春菜さんのキーにアレンジされていますが曲の良さはそのままで1曲通して震えたのは久しぶりでした。

そして、最後の曲が終わってアンコールで友達になろうよでした。
最後は春菜さんの曲ではなくホワイトクリスマス……ですがその前に。

『Happy Birthday』

この曲が流れてケーキがステージへ運ばれました。
12月は誕生日目前ですからね。
ケーキのロウソクを吹き消してから再度ホワイトクリスマスです。

天井から白い羽が降り注いでとても綺麗な演出に素敵な歌がよく似合っていました(* v v)。
1日を通してのイベントにもう満足ですヾ(≧▽≦)ノ

すでに来年の6月にライブが予定されているとか……今からスケジュールを空けておくべきかな?

池澤春菜Birthday Live “Quatrequarts”4分の2(昼の部)

2009.12.07.Mon.17:23
昨日の池澤春菜さんのライブのことです。
昼の部はライブというよりお茶会ということでトークメインのイベントでした。

ラジオ番組風のトークは昔のラジオの頃と変わらずにとても面白かったです☆
お悩み相談などバッサリ切り捨てられていました(^-^;
このトークの模様が昼夜参加特典として後日郵送されてくるそうです。
というわけで詳細は書きません。
でも、また機会があればラジオのパソナリティーをやって欲しいですね……本当にそう思いました。

歌の他にも朗読のコーナーがありました。
約20分ぐらいで時間的にも丁度よかったです。
なんでも、あと3分ぐらい続いていたらキーボードが眠ってしまったらしい……。
前回は1時間ほどの朗読をして本当に居眠りをしたとか(-_-;)

カバーも含めたセットリストになります。
友達になろうよ
ラムのラブソング
星間飛行
曇り空と朝
Make Me Happy

今回のカバーのテーマは星や宇宙、空などでした。
まさかという曲があって驚きましたね(汗)

曇り空と朝の後に長いMCが始まりましたw
男性のバンドメンバーに過去の恋愛の話をさせるというムチャ振りです(ノ∀`)
問題なのはその次に最後の曲というメチャクチャな流れですが面白かったのでOKwww

最後はMake Me Happyで楽しい気分でイベントは終わりました。
こういう昔好きだった声優イベントに参加してしまうと、やっぱり声優イベントは辞められないなと思います(* v v)。

†NEO Gothic Psychedelic~悪魔と踊れ~† Vol.4

2009.12.05.Sat.01:54
KIRIAさんの年内最後のライブということで行って来ました。
しばらくは製作と休養期間になるそうで、2月以降までライブがないそうです。

今日は初めて会った時と同じ銀髪に漆黒のドレスでした。
そんな年内ラストのセットリストです。
ニヒル
薔薇葬送曲
PENALTY?~perestroyka?~
漆黒ダイアデム


11月のライブと比べるとかなり調子が戻ってきた感じがします。
ただ、曲が終わってから咳き込むことがあり、まだ完璧にはなっていないようです。
それでも、KIRIAさんの歌声は素晴らしいと思った。
特にPENALTY?~perestroyka?~日本語とも英語とも呼べない造語の曲を聞いていると純粋に歌声が好きなんだと思う。
元々そういう曲が好きですが、ただ歌えるだけじゃ感じるものが何もありません。
歌声に込められた感情がダイレクトに伝わるから良いんじゃないかな?

今年の夏にKIRIAさんを知ったわけですが、曲もパフォーマンスも確実によくなってます。
CDを聞いていると曲のクオリティが勿体無いかなと思ってましたが先月のライブあたりから音が良くなりました。
加えて、前回からですが漆黒ダイアデムを客席で歌うパフォーマンスなどライブとして面白い試みだと思います。

来年に新しいアルバムを出すいうことで楽しみが増えました☆
きっと来年もKIRIAさんのライブには通いますよ

きっとね……。

kanina+Motion presents 11/29

2009.11.30.Mon.13:15
kaninaのライブ、2日目です。

出演:kanina/urbansole/about tess/number 0/Presence of Soul/cuol
2日目もインストの要素が強いバンドが多かったです。
気になったバンドだけセレクトしてみました。

Presence of Soul
1組目のバンドですが、スタートから熱い演奏でした。
ヴォーカル兼ギターの女性をセンターにギター、ベース、ドラムという編成で、もう一人のギターが音を歪ませていました。
でも、個人的に気になったのはベースです。
かなり熱い演奏でした。
ただ、音が強すぎてヴォーカルが聞こえにくい時がちょっとありましたね。

about tess
ツインギター、ツインベース、ツインドラム、でインストのバンドでした。
音の厚みがハンパじゃなかったです!!
それに熱いロック系のパフォーマンスでした。
ギターをヴァイオリンのように抱えてマイクスタンドで弾いていました……。
そりゃ、チューニングを演奏中に気にするわけだ。
本当に爆音でしたヾ(≧▽≦)ノ

kanina
昨夜と違い、ギターキーボード&トランペットにハープの編成でした。
こちらが本来のスタイルでしょうか?
弓でギターを弾いていました。
あまりギターらしい音ではなく、波のような音をずっと出している印象がありました。
キーボードとギターが激しい演奏をするバックでハープが一定のリズムでメロディを奏でている姿がとても印象に残っています。

kaninaの音楽は独特でジャンル分けができないですね。
なんというか不思議な空間に迷い込んだ感じです。

この2日間のライブはハープらしい音を聞けるライブで新鮮でした☆