ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~

2017.04.23.Sun.00:08
イベントに行ってはいるのだけど、書くほどでもないという感じでサボってました(゚-゚)
サガステが想像以上に面白かったので久し振りに復活です。

東京は明日で終わりですが、地方があるので詳細には書かない方向で……。

お話の内容が原作のゲーム、ロマンシング サガ3のストーリーに準拠していたので原作ファンとして楽しめました。
ゲームに始まる前の話でシャールが攻撃力が低い理由やブラックハーマンになることなど描かれていました。
シャールが銀の手で強くなることが表現されていたり、フォルネウスを倒してブラックに戻るとこなどゲーム通りでした。

技の演出もちゃんとしていて、マスカレイドのウェイクアップムーランルージュなど再現されていました。
あとは閃き……これはもう見てもらうしかないw
個人的には好きでしたがwww

ファティーマ役の笠松はるさんの歌が凄かった……。
ここ数年で一番衝撃を受けたんじゃないだろうか。
プロフィールを見たら劇団四季とあったので納得のクオリティでした(* v v)。

エレン役の長谷川かすみさんはゲームのエレンより綺麗なお姉さんな感じで印象に残ってます。
ビューネイ役の片山萌美さんが人ではない美しさを表現されているようで良かったです。

あとは雪だるまの圧倒的存在感!!!!!!!!!!

原作を知らなくても楽しめる内容ですし、ゲームのファンからしても納得できる作品になっていたと思います。
作中で流れる伊藤賢治さんの曲が非常に上手く使われていました。
オープニングタイトルはもちろんバトル曲もあったのですが、この舞台用のオリジナル曲が良すぎる……サウンドトラックの予約を受け付けていたので全力で予約しました^^;

過度な期待はしないでいたのですが、ゲームのイメージを壊さずに丁寧に作られていると思います。
残りは地方公演なので悩みますがDVDが出るのでそれで我慢……かな?
スポンサーサイト

D-Quintet 6th LIVE 五人囃子百歌繚乱presents 15周年過ぎたけど、勝手に祝いまSHOW!

2017.03.13.Mon.00:14
約5年振りのD-Quintetのライブでした。
もちろん、昼夜参加です!

今回はカバーが多かったのだけど、オリジナルやトークの時間があった方が嬉しかったなぁ。
選曲はゲスト絡みなんだろうけど、その作品に興味のない人からすれば「うーん」という感じ。

それにしても、5人とも40代なのに見た目が5年前と大差ないってすげーな……。
ライブ中の野田順子さんは相変わらずカッコ良かった!!
そして、もうバンドはやらないらしいのでとても残念だ。
増田ゆきさんがサックスを売ったという衝撃的な発言があったので間違いない(ノ∀`)

果たして次回はあるのだろうか……。

最後のイベント La liberté de existence

2017.02.27.Mon.00:22
La liberté de existence、六本木まで足を運んでくれてありがとございました。
とはいえ、これを読むのは一部の人と出演してくれた人ぐらいかな?

7年前の2010年から合計7回のライブを主催したことになりました。
なので色々と振り返ってみようかなと思います。

4回目の主催辺りからフランス語とか難しいイベント名にしてたのはコンセプトがあったので出演者もだったり、MCに進行させることで世界観とか大事にしたイベントでした。
今回はこれで終わりにすると決めていたけど、タイトルに入れてしまうと嫌な予感しかしないので。
なのでテーマとしてはliberté(自由)だったりします。
今までのイベントの変な先入観も捨てたかったのでMCもなし、出演者は5組で好き勝手にやりました。

去年の6/4にあったWonderfuloopのライブを見た時から最後はこの人と決めたのでライブをすることにしました。
前回から3年過ぎたけど明確に終わりとは言っていなかったので……。

前回から引き続き組はMISHAORUのお二人。
箱は六本木のmorph-tokyoと決めていたので他の箱では難しい映像を使ったライブをできると思ってお願いしました。
この手の設備がある箱の方が少ないですから。
MISHAORUのセットリスト、最後の曲がLast Refrainで自分が一番好きな曲で終わりという感じがして個人的にちょっときてたのはここだけの話。
この時点ではお二人にも最後にするとは話していなかったので……。

もう一組はQueen of Wand
この二人は活動のキャリアに対してライブの経験が少なすぎるので自分が呼ばないと出ないような気もしたのでまたお願いしました。
本音を言えば、去年の11月にあったワンマンライブのクオリティが私の想像を超えるレベルでこの二人には自分達でもうライブもやっていけるだろうと確信していましたが。
ワンマンから3ヶ月ぐらいしか経っていないのでライブの安定感は過去最高だったんじゃないだろうか?
ヴォーカルの睦鬼さんの魅力もだけど、実は小狐丸さんの出している音が凄まじい。
銀河ステーションとか本当に綺麗だった。

初登場枠のBeret of crow style.、通称ベレクロさん。
ヴォーカルのBluEさんが北海道在住で時々東京の方へ出てきてライブをしているので躊躇したんですが、お願いして出てもらいました。
ベレクロさんを知ったのは2年ぐらい前の冬だった気がする。
Jazz系の音楽を過去のライブにも出したことがなかったのもあって、個人的には新しい試みでした。
ちゃんと音楽を聴いてくれるお客さんなのでジャンルが違えどもきっと通用すると思ったので。
eyesがとても好きなので自分のライブで歌ってくれて嬉しかったです(* v v)。

森山優さんは万全な状態でステージに上げられなくて申し訳なかった。
一番手だったのでリハから本番までのインターバルも少なくて、本当に無理をさせてしまったなぁと反省しました。
ベストな状態で選手を送り出せない監督の気持ちがよくわかった……。
彼女のプロジェクションマッピングを使ったライブは参加できなくて、映像でしか知らなかった。
その後も歌だけのライブは時々あったのだけど、プロジェクションマッピングのライブが見たくてmorph-tokyoを使う今ならとお願いしました。
年末のケガやら色々あってそれでも、私が今回を最後にするということで無理をして出てくれました。
今度、ベストな状態でまたいつかやって欲しい。

最後にWonderfuloopYUKIさん。
これらの出演者の音楽、演出を経て最後にたった一人でのステージでした。
この日のライブは初披露の体制で音楽も演出も本当に初出しでした。
そんな人をイベントのトリにするとか主催の頭がどうかしてると言われても仕方ないけど、YUKIさんことを信じていたのでイベントの最後に送り出しました。
実はこの中の誰よりも古い付き合いで自分の中で頂点を取ったバンドのヴォーカル。
今までにも様々な出演者を出してきたけど、その中で唯一TOPを取った人。
7年前の初イベントで1番手のParetteYUKIさんと同じバンドのギターMIKIさんが務めてくれました。
最後の心残りはヴォーカルのYUKIさんを立たせられなかったこと。
今までやってきたイベントの本当の最後を飾るのにこれ以上の人はいない。

という感じで最後のイベントになりました。
出演者やライブハウスの方にも「またお願いします!」と言われてしまったわけですが……。

「辞める理由はないけれど、続ける理由がなくなってしまった」
本当は1人だけどうしても歌わせたい人がいました。
CDを作ったのもその人をいつか歌わせたくてやっていたのを今だから言えます。
オリジナルの曲を作ってステージに上げたいと思っていたのですが、もう叶わない。
今度こそ本当に音楽を辞めたんだろうなと確信したので。
3回目なんでね。
それもあった空白の3年でした。

待っているお客さんとか演者さんが居るかもなぁ思ったので今回で終わりと明確に宣言しました。
自分の積み上げてきたノウハウや人脈やら腐らせるのもアレなのでお声がかかれば相談やお手伝いはしていきたいなと思います。
ただ、自分主導でイベントをやるのを辞めただけなので。

一応、知らない人向けに昔に作ったCDの視聴用の動画を貼っておきますね。
こんなこともやってましたよっと。
じゃ、ただの客に戻りますね。


Parler Chiffons 2ndシーズン

2017.02.06.Mon.02:32
シフォンの20周年記念イベントでした。
氷上恭子さん、増田ゆきさん、小島幸子さんの3人の声優ユニット。
声優界最長のユニットで現在も細々と活動を続けてくれているシフォンが何年か振りに単独でイベントと言われたら行くしかない!

今回のイベントのタイトルにもなっているパーレシフォンは昔は定期的にイベントをやっていました。
2000年になる前ぐらいかな?
デビュー当時からイベントに行っていたので気が付けば20年と……。

氷上さんの手書きのパンフレットに私達そんあに生きました??と書いてあるのに時の流れを感じました(^_^;)
トークに歌、朗読と昔懐かしのシフォンのイベントでした。
シフォンの歌もですが、ソロのコーナーで増田さんがずっと 君のそばでを歌ってくれたのが嬉しかった。
小島さんのリクエストに感謝しかない。

物販で新しいグッズも増えたし、まさかのチェキまであるとは嬉しい限りでした(* v v)。

君を守るためにぼくは夢を見る
今まで何度もイベントで聞いたし、CDでも聞いてきたとても好きな曲。
これを生で聴けるのは幸せな時間でした……。

次は30周年になる前にまたイベントをして欲しいなぁ。
今日はとても良い一日でした。
「来世、頑張る!!」
を合言葉にしてますが、まだ生きてて良かったと思えそうです。

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-

2017.01.30.Mon.01:12
サボりまくりのブログですが、ヒッソリと新年も活動してました。
アイドルマスターのイベントに今年も参加できました。

プロデューサーミーティングということで朗読劇にライブと初期の頃のイベントを思い出す貴重なイベントでした。
ライブはライブで楽しいのですが、こういうイベントはアイマスそのものを楽しめるイベントなのでまたやって欲しいですね。
もちろんライブもですが、出演者が全員が揃うイベントが一番だと改めて思いました。
ここ数年は全員が揃うことはなかったですから……。

日曜日のサプライズゲストは茅原実里さんで2年前は参加できなかった日で見れなかったのを悔やんでいたので個人的には高まった瞬間でした。

朗読劇も内容をお客さんの反応で選択肢を決める観客参加型で面白かった。
ライブも曲数こそ少なかったけど、その分だけ1曲1曲を大切に楽しめたように思う。

紅白応援Vは何年か振りに大声を出したと思う。
腹筋が痛くなるレベルで声を出したのは映画用のコールを収録した時以来じゃないだろうか?

10thライブは会場もアレだったこともあって、もうそろそろ引退かなぁと考えてたりしたんですが、若林直美さんが久し振りの復帰で完全に復活しました!
やはり、推しがいるというのはとても重要だ。
エンディングの挨拶で30周年の話が出たわけですが、出演者もお客さんも、みんな歳を取ってそんな状況でもアイマスが続いているなら参加したいなぁなんて思ってしまった(ノ∀`)
あぁ、引退はまだ出来ないな。

ライブでなくても良いから全員が揃うイベントを今後も続けて欲しい。
さすがに4時間も5時間もライブはやる方も大変ですが、こっちも大変だ……10年前ならいざ知らず、もういい歳です(ノ∀`)

台湾……行きてぇな……パスポート取るとこから間に合うか??

サガ オーケストラ コンサート 2016

2016.11.23.Wed.22:40
今年、これ以上のイベントはない気がしてきた……。
サガオケに収録されていない曲も演奏された上に、新作のサガ スカーレット グレイスの曲もオーケストラで聴けました。
イトケンさんの曲も好きだけど、オーケストラだと浜渦さんの曲が綺麗すぎた……。

ED曲がヴォーカル曲というのは知っていたけど、なんか凄かった。
あのソプラノはオーケストラと相性抜群でただただ凄かった。

一番燃えたのは最後の曲これがいきもののサガか、全シリーズのバトル曲メドレー。

Last Battle -Blue-
Miβgestalt
バトルテーマEX
死への招待状 -The Battle with Death-
全軍突撃!

この流れはヤバかった……。
ロマサガのバトル1辺りでもう最高潮だったのにそのまま更に持ってかれた。
Miβgestaltとかオーケストラで聴けるとか想像してなかったし、全軍突撃!が来た時はクソ高まった!!!!!!!!!

コレ、大阪も行きたくなるなぁ……。

サガ25周年、もう25年も前なのにいまだに色褪せることなく覚えてる。
曲は現役で聞いてるしね?
今日まで生きてて良かった。

Queen of Wand 1st oneman Live ? The World -

2016.11.21.Mon.00:28
Queen of Wandの初ワンマンライブでした。
10年活動しててワンマンやってないってのは逆に凄いことなんじゃ……。

良いライブはあまり書くことがないのですが、余計なことをしなかったことがまず一つ。
初のワンマンライブだと奇をてらったことをやる人がいるのですが、本来のスタイルのライブだったことが良かった。

次に音。
あれだけ低音が強く打ち込みの音が大きいのに超絶可愛い睦鬼さまのヴォーカルがハッキリと聞こえること。
小狐丸さんの作った音も良く聞こえる絶様な音のバランスにもう脱帽でした。
ライブのならではの臨場感のある音を出せるのは設備というよりPAさんの腕だと思う。

超絶可愛い睦鬼さまはライブの経験値は少ないハズなのにそれを補うだけの地力を見せつけられた。
お客さんを見ていてもサイリウムを振るよりライブを観る方に集中しているようであそこまで出来る人はそういない。

MCもグダグダになる前に曲に入ったりして、ライブ全体のテンポも良かった。
超絶可愛い睦鬼さまのお色直しタイムで小狐丸さんのソロコーナーもあり、歌だけじゃなくて曲も堪能できました。

うーん……褒めてばっかというより、ケチを付ける要素がなかった。
音も良くて、内容も良かった。
10周年で初ワンマンということでしたが、その10年があればこそのクオリティなのかもしれない。
1年に1回とまでは言わないのですが、オリンピックより早いペースでワンマンしてくれないかな(^-^;)

ちなみに超絶可愛い睦鬼さまというのはライブ中に超絶可愛い睦鬼さま本人から超絶可愛い睦鬼さまと呼べと言われたので超絶可愛い睦鬼さまと呼ばせて頂いています。
これからずっと超絶可愛い睦鬼さまで。

9/17 Kalafina Arena LIVE 2016

2016.09.18.Sun.00:49
一年半振りの日本武道館でのライブということで何とか参加してきました。

オープニングのアカペラでの歌い出しといい、まさかのダブルアンコール。
もう満足する内容としか言いようがない。

ライブの終盤で音楽を客席と合唱しようという試みがあったのですが、まさかのバラバラでちょっと面白かったw
Kalafinaのライブは完成度が高いのでこの手のハプニングはめずらしく逆に面白いw
次の武道館ライブでリベンジという話をしていたのですが、その機会がすぐにやってくるとは想像してませんでしたが。

アンコールの2曲が終わってまさかの再登場。
バンドメンバーも引き上げていたのですが、ピアノの櫻田さんを呼びもどしてピアノソロによるsprinter……そして、サビを合唱。

ガラにもなくちょっと感動でした。
今年はあとクリスマスのライブがあるのでまだKalafinaを見る機会がある。
もう少し頑張れそうです(´-`)

9/4 マーメイドブーツ

2016.09.05.Mon.21:30
メロディーチームの公演を観てきました。

終わってしまえば面白かったと言えるのだけど、序盤は演技が荒削りな部分が少し目につきました。
まだ荒削りというか若いという表現の方がいいかな。
鬼気迫るようなシーンを演出したいと思うのですが、声を張り上げればいいってもんじゃない。
そういう雰囲気を出せるような演技を頑張って欲しかったなぁと。

まぁ、ドンマーマンの件はかなり笑わせてもらえましたがwwwwww

ちゃんはること柳瀬晴日さんの人魚は似合ってました。
いや、ああいうお姉さんタイプのキャラはしっくり来るという感じがしました。

この物語は『贖罪』の話なんだろうなと見えてきた頃にはどうにもバッドエンドしか想像できなかったのですが、最後は収まるところに収まってハッピーエンド(?)っぽく終れたのでスッキリできました。
個人的には王子のサンタルクティクスと人魚のパスフィテラが相討ちで2人して死ぬぐらいしか終わりが見えてこなかった(^-^;
多分、クロジとかの観すぎだと思う(ノ∀`)

メディテレニアを演じた月岡鈴さんやニーナ河野萌さんが良い感じで機会があったら別な舞台を観てみたいなぁと思ってみたり……。

来年の10月ぐらいに次回公演がありそうなことを話していたので覚えておくことにします。

クロジ第15回公演「きんとと」

2016.08.28.Sun.22:41
7年前の再演で会場も大きくキャストも増え、色々とパワーアップしていました。

前回も出演していた方々は色褪せることなく、演じられていて流石でした。
三石琴乃さんを声優としては知っていたわけですが、こうして舞台で観たのは初めてで良く知っている声なのに新鮮な不思議な感覚で終始楽しめました(* v v)。

セリフが前回より、直接的というか生々しく、新しく追加された棗は自殺するなど、更に大人向けによりダークな感じが強くなったように思いました。
そういうのが好きな人は一層好きになったのかもしれませんが、少しどうなんだろうと。
面白いか面白くないかで言えば、面白いのですが、昔のように何度も観たいなという気分にはなれませんでした。

今のクロジは観る前にそれなりの覚悟が必要な気がします。
気軽に見るには重すぎる……。

面白いんだけどね?